最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

40代の幸せな結婚生活のために。「夫に絶対になければならない」3大資質って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40代となると「そろそろ本腰を入れて、結婚を視野に入れなくては」などと考えていらっしゃる女性も、決して少なくないお年頃です。

しかし、今の恋人との結婚後に、本当に幸せになれる自信がある人は、そう多くないのではないでしょうか。

新婚のラブラブ期を経て、いよいよ本物の結婚生活が始まったのちに「こんな人だとは、思わなかった!」と、夫に対し愕然としたお話はよく耳にします。

「今の彼と、結婚して問題ないかしら?」と、漠然とした不安を抱えているみなさま、こんにちは。並木まきです。

「大人婚では、生活水準を落とさないために経済力が大事」とも思いがちですが、実はそれ以上に大事な“力”も。

今回は、40代女性が幸せな結婚生活を送るためには、夫になる男性に備わってなければならない3大資質について、お話します。みなさまの恋人には、3つの“力”がきちんと備わっていますでしょうか?

1:包容力



よく「結婚するなら、包容力のある男性がいい」と言われますが、これは本当に大事な資質。

包容力に欠ける夫は、妻の言動にいつも不満を抱え、何かが起きた時にも受け止めるだけの度量がありません。

40代女性は、自分の経験則からそれなりに“曲げられないこと”も増えているので、包容力がない男との結婚生活は苦痛に感じる出来事も多くなります。

「時間を重ねれば、だんだんと包容力も身についてくるはず」と考える女性もいるかもしれませんが、周りの結婚生活を見ていると、残念ながらそう簡単なお話でもないようです。男が40代や50代になっていればなおのこと、性分はそうそう変わりません。

包容力の有無は、忍耐力の有無とも深い関係があるので、交際中に一度は無理難題を押し付けて、彼の包容力を試すのもあり。ただし、過激な無理を押し付けるのではなく、彼が少しだけ「イヤだな」と思いそうなワガママを押し付けてみるレベルで!

「大好きな彼に、そんなことできない!」と思う方もいらっしゃるかもですが、結婚後に彼の包容力が欠如していることに気づくなんて、悲劇ですから。

2:理解力




40代女性が幸せな共同生活を送るうえで、夫に不可欠な資質のもうひとつは、“理解力”。

女性も年齢を重ねるにつれて、自分なりの価値観が定まってきますから、夫に言われたからと言って「じゃあ、そうするわ」と簡単には言えないテーマだって増えてくるもの。

ですので、夫が妻を理解しようとする姿勢はもちろんのこと、妻が話している話題の“本質”を理解できるだけの能力も幸せな生活には不可欠なのです。

「夫婦で話し合いをしても、彼は何も変わらなくて……」と妻が嘆く夫には、この“理解力”に欠けているケースも多々。

妻が話す内容を“言語”としては理解できても、「なぜそう言っているのか」、「なぜ自分がそう言われるのか」まで理解が及ばないと、“ことの重大さ”に気づけない男もいるからです。

40代ともなれば、交際中には彼との意見衝突を避けたがる女性も少なくないはずですが、一度は利害が衝突するテーマを話し合っておくと、彼の“資質”を見抜けます。

3:共感力




充実した結婚生活を送るためには、夫婦がお互いに相手に共感できることも重要。そのため、幸せな結婚をするために夫になる男性に求めたい資質の3番目は、“共感力”です。

40代という“大人”な世代になっても、家族には自分の状況や心情に共感して欲しいのが女心。「君はいい年なんだから、自分でなんとかしなよ。俺は理解できないな」と、夫が妻に共感してくれないタイプだと、妻の心には虚しさが増すばかりに。

妻の喜怒哀楽に適切に共感できる夫がいれば、病める時も健やかなる時もふたりで支え合っている実感がありますが、夫が妻の感情に無頓着なタイプだと、妻は孤独を感じます。

「夫は、私に興味がなさそう。なんのために結婚したのかわからない!」と嘆く妻が選んだ男は、この“共感力”に欠けていることも多々あります。

交際しているうちに、一般的に「男は理解できない」と言われているテーマを敢えて話題にして、彼の反応を探ってみるのもありです。

結婚相手には、経済力や決断力を求める女性も多いはずですが、いざ共同生活が始まってから重要になるのは、内面の資質だったりもします。

これらの3つの資質を備えている男との結婚であれば、女性は精神的な充足が得られるはず。さて、みなさまの恋人には3大資質がすべて備わっていそうでしょうか?

外部リンク(OTONA SALONE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス