最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【HiGH&LOW】アラフォー男子も“ハイロー”が大好きだ! どハマりした“3つのキーワード”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


■アラフォー×アラサー“オタク夫婦”がハイローを語りつくす!

鈴木「さて、前回から久々のアラフォーライター鈴木妄想×アラサー(元)漫画家Chaccoのオタク夫婦トーク。

今回のテーマは、11月11日に劇場版第3作『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』が公開になる、ハイローこと「HiGH&LOW」シリーズです!」

Chacco「2016年の夏に『HiGH&LOW THE MOVIE』を見てから1年ちょっと、THE MOVIE、2にRED RAINにTHE LIVEにドラマシリーズ1・2にDTC…。いろいろ見てきたね。」

鈴木「この記事ではハイローの魅力について、アラフォー世代の鈴木がいくつかのキーワードを使って語らせていただきます!」

■キーワード1:平成の石原軍団

以前から感じていたのは、LDHファミリーは平成の石原軍団ではないか、ということなんです。当代きっての色男たちが集って走り、跳び、撃ち、血を流す…伝説の刑事ドラマ「西部警察」に近いものをハイローに感じるんですよ。

巨大な爆炎が上がり、パトカーが宙に舞うカーチェイス、そして荒々しくもキレのある格闘シーンは、今見ても惚れ惚れするほど。そして、なぜかショットガンで遠距離の敵を狙撃する大門団長! しびれるほどにカッコイイ! 西部警察は、アラフォー世代の記憶に残りまくっている作品です。

ハイローからも、西部警察に負けない破格さ、豪快さ、男気がプンプン匂います。MUGENメンバーや雨宮兄弟のバイク姿は、西部警察で舘ひろしさんが演じたバイク野郎、巽総太郎と鳩宮英次の姿に重なります。

『THE MOVIE2 END OF SKY』では、西部警察もかくやという勢いで車が宙を飛びまくり、『THE MOVIE3 FINAL MISSION』の予告編では、無名街の巨大なタワーが爆発とともに倒れるシーンが! これ、西部警察の名シーン「名古屋煙突倒し」のオマージュですか?!

そういえば、石原裕次郎さんの大ヒット映画『嵐を呼ぶ男』は、喧嘩に明け暮れるイケメンのストーリーでした。劇中では当時流行の音楽が鳴り響き、ダンスクラブが何度となく登場します。これ、完ッ全にハイローの世界ですよね?

もし裕ちゃんが現代に生きていたら、WHITE RASCALSの用心棒に就任していたかも…。「フックだ、ボディだ、ボディだ、チンだ!」と、DOUBTの悪徳スカウトたちを叩きのめす裕ちゃんが見たい!

そうそう、『THE MOVIE2』でナイフ使い、ブラウンとして強い印象を残した岩永ジョーイさんは、奇しくも石原プロモーション所属。この流れで、舘ひろしさんや神田正輝さん、そして渡哲也さんにもハイローワールドに降臨してほしいっ!!

■キーワード2:プロレス/格闘技へのリスペクト

もうひとつ外せないキーワードが、プロレス/格闘技との親和性です。

山王連合会のリーダー・コブラの名前の由来がアントニオ猪木さんのコブラツイスト、というのは基礎知識中の基礎知識ですが、ハイローには、プロレス/格闘技ファンには見逃せないポイントが多すぎるんです。

そもそも、各チームに設定されたテーマ曲なんて、まるでプロレスや格闘技の選手入場曲のよう。

プロレスファンとして見逃せないのは、劇中に登場するプロレス技の多さ。バックドロップやドロップキックなどの基本技はもちろんのこと、飛びつき腕ひしぎ十字固めやドラゴンスクリュー、さらにはジャイアント馬場さんの必殺技ココナッツクラッシュまで!

そうそう、ドラマシーズン1終盤の見せ場、「山王連合会 vs 達磨一家」でカニ男こと伊集院甲が見せたアルゼンチンバックブリーカーは美しかった…。

格闘技ファンが見逃せないのは、MUGEN初期メンバーの太田と古西。このふたり、高谷裕之さんと岡見勇信さんという、ガッチガチのプロ格闘家が演じています。

ふたりの戦闘シーンはリアリティにあふれ、武骨な演技もキャラクターにピッタリ。そこが、ハイローの魅力である一本芯の通ったアクションに、大きな説得力を与えてくれるんです。

もちろん、ガチのバトルシーンを見せてくれるのはこのふたりだけではありません。太田&古西も参戦する「MUGEN vs 日向会」は、ドラマシーズン2のベストバウトに挙げたい一戦。中でもヤマトと巨漢ファイターのローキック合戦は出色でしょう。かなり体格のいい相手に、全く打ち負けないヤマトの根性が光ります。

スピンオフ映画『HIGH&LOW THE RED RAIN』では、雨宮兄弟がゼロレンジコンバットという実戦格闘技の使い手として描かれました。

これから、世界各地の格闘術が登場する可能性もありそうです。たとえば、MIGHTY WARRIORSのバーニーが、フィリピン武術のエスクリマ(カリ)を習得している、なんて裏設定が飛び出すかも?

■キーワード3:インド映画との親和性

インド発のハイクオリティな映画群は、インド国内のみならず、世界中で存在感を発揮しています。ウレぴあ総研でも、インド映画祭IFFJを2014年、2015年、2016年に特集していますが、実はハイローとインド映画には通じる部分があるんです。

インド映画と言えばまず思い浮かぶのが、大人数を従えた超絶スペクタクルなダンスシーンでしょう。ハイローの世界観をライブ化した『HiGH&LOW THE LIVE』の映像を見た時、何十人ものダンサーがアリーナ中に広がってダンスするシーンで、「これ、ライブでインド映画の群舞やってる!」と度肝を抜かれました。

日本では歌と踊りだけがクローズアップされがちなインド産映画ですが、重厚なストーリーのヒューマンドラマから、二転三転するサスペンス、そして大迫力のアクション映画まで多種多様な魅力を持っているのも特徴です。

『THE MOVIE』の歴史的名シーン、コンテナ街の戦いでバイクを駆る雨宮兄弟を見たとき、すぐに頭に浮かんだインド映画がありました。

『きっと、うまくいく』などで知られる大スター、アーミル・カーン主演作で日本でも一般公開された『チェイス!』です。いろいろな意味で思わず声が出そうになるギリギリのバイクスタントは、雨宮兄弟と一脈も二脈も通じるところがあります。

インド映画のスターには、“神の指を持つ男”リティック・ローシャンや“インド亜大陸最強の兄貴”サルマン・カーンなど、アクション巧者が揃っています。

超絶の身体能力を誇るタイガー・シュロフなんて、いつ無名街に流れ着いてRUDE BOYSと共闘してもおかしくないスペックの持ち主。逆にハイロー出身の日本人俳優たちが、ボリウッド殴り込み!なんて未来もあるかもしれませんよ。

■まだまだ続く「HiGH&LOW」トーク!

鈴木「ふう、ざっと語らせていただきました。ホントは、特撮テーマで「山王連合会 vs 達磨一家」で達磨が太鼓のバチで使うのって仮面ライダー響鬼の音撃棒じゃん!とかもっと語りたかった…。」

Chacco「そのテーマね! 鬼邪高の村山くんも、RUDE BOYSのユウも特撮経験者だし、日向兄弟・三男の波岡一喜さんも!

アタシねー、波岡さんが大好きでさ、日向紀久役の林遣都くんとNetflixでやってたドラマ『火花』見て、もうすごい泣いちゃって!」

鈴木「ストップ、ストーップ! Chaccoに語ってもらうターンは、別記事『【HiGH&LOW】拝啓 敬愛するHIRO様―アラサーオタク女子がハイローから学んだ“愛のかたち”』で!」

『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』

11月11日(土)公開


外部リンク(ウレぴあ総研)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス