最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ソニーの車はゲームコントローラーで運転!? - ドコモ「5Gが創る未来のライフスタイル」から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次世代通信技術「5G」は、私たちの生活にどのような変化をもたらすのでしょうか? NTTドコモが日本科学未来館で開催したイベント「見えてきた、"ちょっと先"の未来 ~5Gが創る未来のライフスタイル~」は、5Gの特徴である高速・大容量・低遅延のモバイルネットワークを活用した、ユニークな展示にあふれていました。

○夢を積み込んだ未来のクルマ

ソニーによる「ニューコンセプトカート」は、遊び心にあふれたクルマでした。まず、前方と後方には窓がありません。その代わりに、4K超高感度カメラセンサーがとらえる車外の360度ビュー映像を、ソニーの4Kテレビ「BRAVIA」を通じて見ることができます。さらに、ハンドルもアクセルもブレーキもなく、(PlayStationを思わせる)ゲームコントローラーで運転が可能となっています。

窓を廃止してディスプレイにした利点は、いくつか挙げられます。前後左右の様子を1画面で確認できるので、ドライバーは視線移動だけで済みます。また、Pokemon GOでおなじみとなったAR技術を応用し、緑のガイドラインで車幅を表示して前方の風景に重ねることで、道路の正しい位置を走ることができます。

メガネなど矯正視力の方は、乗用車のスピードメーターと前方の様子を交互に見るとボヤけて見えることがありますが、ディスプレイに計器の情報を表示することで、そうした心配もありません。このほかカメラの補正機能によって、夜でも明るい風景の中を走ることができるようです。

このほか、窓の必要がなくなったことで、車外にはデジタルサイネージを自由に配置できます。するとクルマの色を変える、なんてことは一瞬で行えるでしょう。ソニーの画像認識ソフトウェアを使えば、周囲の環境に合わせた色に変える、あるいは周囲にいる人の属性に合わせたインタラクティブな広告を打つ、といったことも実現できるそうです。

このニューコンセプトカート、そういったわけでディスプレイだけ見ていれば、一通りの運転ができてしまうのです。そうなれば、もはやドライバーが中に乗っている必要がなくなります。つまり通信さえしっかりしていれば、どこか遠隔地のオフィスで操縦することも。そこでソニーが期待しているのが、ドコモの5Gネットワークというわけでした。では実際、どんな使い方を想定しているのでしょう。

ブースの担当者は「まずはクローズドな空間で試験していきます。ゴルフ場、リゾートホテル、ショッピングモール、遊園地、といった場所での移動手段、コミュニケーション手段として導入していけたら」と話します。

現在は、後継モデルを使って沖縄の大学で走行試験中を行っているとのこと。「どんなUI(ユーザーインタフェース)が最適か。操作性を高めるためには、ディレイの影響を少なくするには、といったテーマを研究しています」(担当者)。どんなサービスの形があるのか、ビジネスをどの方向に進めていくのか、模索を続けているようです。

ところで、未来のクルマとなると自動運転にも注目が集まっています。これについて担当者に聞くと「自動運転も考えていないわけではありません。実際に走らせて記録を取りながら、どのような形で自動運転が実現できそうか、検討していきます」と話していました。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス