最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「刑事ゆがみ」第5話ラストのオダギリジョー登場に大反響! 次回は新田真剣佑がゲスト出演【視聴熱】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
11月9日に放送された「刑事ゆがみ」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジ系)が「視聴熱(※)」デイリーランキング ドラマ部門で8551ptを獲得。前週の2593ptから大きくポイント数を伸ばし、順位も3位から2位に上昇した。

■ 第5話のあらすじは?

放送された第5話「因縁寄生支配宿敵」では、前花道市長を父に持つ宇津巻京子(板谷由夏)と、婿で市会議員の誠治(丸山智己)のひとり娘・真利奈(後藤由依良)が誘拐される事件が発生。この誘拐事件は現場に残されたカタツムリのマークから、7年前に花道署管内で発生した異様な殺人事件“ロイコ事件”と関係があると考えられたため、当時、ロイコ事件の犯人を追い詰めた弓神(浅野忠信)が羽生(神木隆之介)と共に誘拐事件の捜査に加わることとなった。

そんな第5話の撮影について高田雄貴Pを直撃。すると、「板谷さん演じる京子が弓神にホースで水を掛けられるシーンがあったのですが、カットがかかると、浅野さんは『ごめんね』『でも、中途半端にやって、もう一回になっちゃうのが一番良くないと思ったから』と板谷さんに声を掛けていて。板谷さんも『確かにそれは嫌(笑)』と、お互いを気遣うやり取りがありました」と、現場の様子を明かした。

■ ヒズミに変化が! ラストにオダギリジョーが登場!!

弓神と羽生が誘拐事件を解決する一方、テレビでロイコ事件のことを目にしたヒズミ(山本美月)は、ロイコ事件について弓神に尋ねるなど様子に変化が表れ、夜の街を1人で歩いていると男性2人組に絡まれてしまう。ヒズミはその場に現れた1人の男性に助けられるが、その男性を演じていたのがオダギリジョーだったことに、SNSでは視聴者の大きな反響が見られた。

■ 第6話では新田真剣佑が青年実業家役でゲスト出演!

11月16日(木)放送の第6話は、プラネタリウム内で青年実業家・貝取(新田真剣佑)が何者かに腹部を刺される事件が発生。弓神と羽生は意識を取り戻した貝取に事情聴取するが、貝取は「犯人は見ていない」と主張。そんな中、過去に貝取から企業を買収され、経営権を奪われた望遠鏡メーカーの創業者・星月(辻萬長)が容疑者として浮上する、というストーリー。

貝取役でゲスト出演する新田は、浅野と神木との共演について「震えました。神木君は以前も一緒の作品に出演しているのでとても楽しみでしたが、浅野さんは今回初めてお会いしました。日本だけでなく、海外の作品にも出られており、俳優として非常にすてきだなと思っておりました。なので、久しぶりににこんなに緊張する現場に立ちました」とコメント。

また、星月の孫娘・光希役を新井美羽、貝取が買収を目論んでいた企業の社長役・天堂をMEGUMIが演じる他、モデルとして活躍する現役タクシードライバー・生田佳那が、貝取をプラネタリウムまで送り届けた運転手役で出演する。

第6話のゲストについて尋ねると、高田Pは「真剣佑さんは、とにかく撮影の合間に浅野さん、神木さんとよく話していました。プラネタリウムの現場には、パズルなどの子供が遊べるグッズがたくさんあったので、それで新井美羽ちゃんと一緒に遊んだりもしていましたね」と、和気あいあいとした撮影の様子を語った。

※SNSや独自調査を集計、今熱い番組・人物・コトバからテレビの流行に迫る新指標。

※プロデューサーコメントを追記しました。

https://news.walkerplus.com/article/127509/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス