最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『ドクターX』間宮祥太朗がイケメン棋士役で登場 「普通の役」と困惑も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9日、米倉涼子主演ドラマ『Doctor-X~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)第5シーズンの第5話が放送された。

人工知能「AI」との対決が描かれることになったこの回を振り返ろう。

■AIの診断に納得できない未知子


「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)は東帝大病院・院長の蛭間重勝(西田敏行)に、世界最先端の医療用AIシステム「ヒポクラテス」を使った症例を作るよう伝える。東帝大病院が真っ先に導入することで全国の病院がそれにならい、内神田のもとには莫大なキャッシュが入るようになっていたのだ。

そんなある日、若き天才棋士・五反田五郎五段(間宮祥太朗)が、将棋ロボット「マングース」との対局中に腕のけいれんを起こして意識を失う。その後、右足に力が入らなくなったり、一時的な記憶障害が発生。

後日、AIには懐疑的な立場だった鳥井外科副部長(段田安則)が「ヒポクラテス」の診断結果を提示。「脳膿瘍(細菌などが脳内に感染して膿がたまる病気)」の可能性が指摘される。しかし、大門未知子(米倉)は「なんか違う」と反論。だが、病名の特定まではできず。

■原因は有鉤嚢虫 海外遠征で感染


しかし、未知子は五反田の腕にできていたあざのようなものに気付き、彼が海外でブタをレアな状態で食べていたことを突き止める。検査をすると、腕と背中に二匹の有鉤嚢虫という寄生虫が発見された。

蛭間と鳥井が会見している中、(いつも通り)勝手にオペを開始した未知子たち。「まさかヒポクラテスは脳膿瘍だと診断したんだ」と言う鳥井に対し、「私、診断も失敗しないので」と言い放つ。

無事、有鉤嚢虫を摘出し手術を成功させた未知子。AIに勝利する形となり、回復した五反田も「マングース」に対して無事勝利した。

■間宮祥太朗のイケメン棋士っぷりに反響




中高年のドラマファンに圧倒的な人気を誇る本作。しかし、ゲスト出演した間宮が近頃ぐんぐん人気を上げている若手イケメン俳優なこともあり、今回は若い女子も熱狂していた様子だ。

前クールでは『僕たちがやりました』(関西テレビ・フジテレビ系)に出演し、主要キャラのひとり・伊佐美を演じたことも記憶に新しい。









賞賛の一方で、個性的な役柄を演じることの多い彼だけに、「普通」「新鮮」との声も多く見られる。

■今週も小ネタ盛りだくさん


刺激的なストーリーの一方で、今週も盛りだくさんだった小ネタ。一部を紹介していくと……

(1)内神田会長の写真集


©sirabee.com

草刈演じる内神田が写真集を発売することに。草刈自身、『真田丸』(NHK)人気の後押しを受ける形で、芸歴47年目にして初めてとなる写真集を今年5月に出していたが、明らかにそれを意識したものだろう。

これに対し、ネット上では購入希望者が続出することに。




(2)将棋AI「マングース」は…


五反田が倒すことになった将棋AIの「マングース」。「なんでそのネーミング?」と思った人もいそうだが、これはおそらく「ハブ(羽生善治棋士)を倒す」という意味だろう。細部もいちいち細かい。

■次週は城之内と仲間割れ!?


©sirabee.com

次週予告では、内田有紀演じる親友のフリーランスの麻酔科医・城之内博美とのケンカが勃発することも明らかに。以下、あらすじを確認してみると……

「東帝大学病院」の外科副部長・猪又孝(陣内孝則)によるオペを受けたVIP患者が、術後の経過についてクレームを入れてきた。猪又はとっさに、フリーランスの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)の不手際でオペに時間がかかったのが原因だ、と嘘をついて責任逃れ。

何の非もない博美は正々堂々と食ってかかるが、猪又の狡猾な根回しによって、「東帝大学病院」への出入りを禁止されてしまう。しかも、この一件を機に浮上した“ある事実”が火種となり、これまで同志の絆で結ばれていたフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)とも険悪な雰囲気に…!(公式サイトより抜粋)

非常に期待できそうな内容だ。

《これまでに配信した『ドクターX』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→『ドクターX』田中圭演じる森本先生の経歴盛りにキュン 「神回」の声も

(文/しらべぇドラマ班・クレソン佐藤 参照:『ドクターX』公式サイト

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス