最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

吉井怜、三十路になって心境に変化!?「29歳の時のような焦りはありません」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タレントの吉井怜が25日、東京・新宿の福家書店新宿サブナード店で写真集『月刊NEO 吉井怜』(発売中 発売元:イーネット・フロンティア 2,625円)とDVD『月刊NEOムービー吉井怜 メイキングストーリー』(発売中 発売元:イーネット・フロンティア 4,200円)の発売記念イベントを行った。

写真集『月刊NEO 吉井怜』は、オーストラリアの大自然の中に身を置いた吉井が、同写真集のテーマである"妖精と人魚"を演じた内容。果敢にヌードにも挑戦しており、美しい裸体を披露している。DVDは、同写真集のメーキング版。なお、写真集は特装版も発売されており、吉井の生写真10枚が付いている。

吉井は「今回は妖精と人魚をストーリーの中にテーマとしています。ロケーションも含め、すべて一つの作品となっています。テーマに沿ってお芝居をした作品。妖精と人魚の世界観を見てほしいですね」とアピール。ジャングルや危険な場所での撮影もあったそうで「ワニが出るのでそっちには行かないで! と言われ、危険と隣り合わせでした(笑)。ジャケットの写真は、水がすごく冷たくて、足もつりましたね。何度もマッサージをしてもらいました」と振り返った。

芸能生活15周年を記念して昨年に発表した写真集『ここから』の発売イベントで、30歳までに結婚したいと語った吉井。18日に30歳になった吉井だが「進展は何もありません(笑)。20代最後ということで焦りもありましたが、今は29歳の時のような焦りはありませんね」と心情の変化を吐露するも「30代にしたいという希望はあります」と話していた。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス