最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【豆知識】飲酒運転による取り締まり「酒酔い運転」と「酒気帯び運転」の違いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これから年の瀬に向けてお酒を飲む機会が増えます。ちょっとしか飲んでいないから大丈夫だろうと、飲酒運転も増える時期です。

警察庁の平成26年の交通事故の発生状況データによると、飲酒運転の死亡事故率は飲酒していない死亡事故率の8.7倍と高率になっています。これは飲酒運転による交通事故が死亡事故につながる危険性が高いことが伺えます。

飲酒運転がなぜ危険なのかというと、飲酒により血中アルコール濃度が高まることによって、中枢神経の麻痺をはじめ、集中力が鈍る、理性・自制心が低下する。身体の平衡感覚が狂う、視力が落ちて視野が狭くなるなどの症状が起こるから。

その結果、運動能力が低下してブレーキやアクセルそしてハンドルの操作が遅れたり、反応が鈍くなって行動が遅くなることで、大きな事故を引き起こす原因となります。したがって絶対に飲酒運転はしてはいけないですし、また運転者に飲酒をすすめてはいけません。

飲酒運転には「酒酔い運転」と「酒気帯び運転」の2つがあります。どちらもお酒を飲んで運転しているのだから、酒酔い運転では?と思われるかもしれません。しかし酒酔い運転と酒気帯び運転では大きく異なります。

「酒酔い運転」は「アルコールの影響によって正常な運転ができない恐れのある状態」であるかどうかです。具体的な検査としては、直線の上を歩かせてまっすぐに歩けるかどうか。また言語などから判断・認知能力の低下がないかなどを調べられます。つまり、検査をする警察官が客観的に見てお酒で酔っているかどうかで判断されます。

一方の「酒気帯び運転」は、血液中や呼気に含まれるアルコール濃度の量によって該当するかどうかが判断されます。酒酔い運転とは判断基準が異なるので、運転者の体質次第では酒気帯び運転の基準に満たない飲酒量でも酒酔い運転となります。

2007年そして2009年に飲酒運転に対する法改正が行われ、罰則が重くなりました。酒気帯び運転は現在3年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科せられます。違反点数は血中のアルコール濃度によって変わり、0.15mg以上0.25mg未満が13点、0.25mg以上だと25点となります。

酒酔い運転は5年以下又は100万円以下の罰金という重い刑事罰が科せられ、違反点数に関しても35点(取り消し3年)です。酒酔い運転はクルマやバイクだけでなく、自転車などの系車両も違反、罰則の対象となりますので、飲んだら乗るな!を必ず守ってください。

(萩原文博)


外部リンク(clicccar)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス