最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

城田優「タップが不安で降板したい」 浦井健治「城田にキュンとします」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミュージカル「ブロードウェイと銃弾」の制作発表記者会見が10日、東京都内で行われ、出演者の浦井健治、城田優ほかが登場した。

本作は、ウディ・アレン監督の名作映画をミュージカル化したコメディー作品で、浦井と城田がW主演で演じる。

劇作家のデビッドを演じる浦井は「売れない演出家で、夢を追うところが魅力的な役です。城田優とは(プライベートで)親友であり、同志であり、戦友でもあるので、2人でコメディーをやれるのを楽しみにしています」と話した。

マフィアの部下でボディーガードのチーチを演じる城田は「10年ぶりの舞台で、コメディーも初めてなのでとても楽しみにしています。個人的にはタップが本当に不安で、降板したい気分です」と吐露して、笑いを誘った。

公私共に付き合いが長いという2人。「お互いの印象は?」と聞かれると、浦井は城田について「国民的に有名で、イケメンな城田優っていうブランドがあるんですけど、実はギャップ萌えで、(舞台に立つ時などに)『ちょっと怖いよ~』という弱音を話してくれるので、その時はキュンとします」と明かした。

一方、城田は浦井について「どんな役をやっている時も安定感を感じています。すごく真面目で、稽古とは別にいろんなレッスンをやっていて、向上心があって素晴らしいです」と語った。

城田と浦井は、それぞれミュージカルナンバーも歌唱した。歌唱後、城田は「歌詞を間違えた~」と明かして、場を和ませていた。

舞台は、2018年2月7日~28日、都内、日生劇場、3月5日~20日、大阪、梅田芸術劇場メインホール、3月24日~4月1日、福岡、 博多座で上演。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス