最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

長嶋茂雄がきっかけ!?プロ野球選手と女子アナの結婚が多い理由が判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

11月8日放送の「1周回って知らない話」(日本テレビ系)に、元プロ野球界の新旧レジェンドである水野雄仁、山本浩二、中畑清、里崎智也がゲスト出演し、プロ野球選手と女子アナの結婚が増えるきっかけとなった理由について明かした。

里崎「女子アナとか球場に来ないっすもん」


プロ野球について若者から最も多かった「どうして女子アナばっかりと結婚するのか?」という疑問に、水野は「これはね、ミスター長嶋さんですね」と女人禁制のグラウンドに女子アナウンサーが訪れるようになったきっかけは長嶋茂雄にあると答える。

1993年にJリーグが誕生するため、前年に長嶋氏は「野球界の為にオレは戻ってきた」と言い2度目の巨人軍監督に就任することに。当時のことを水野は「山本浩二さんとか中畑さんがもうスポーツ番組を女子アナの方とやられるんですよ。そうすると中畑さんが話を聞きに行くよりは、女子アナが行った方が長嶋さんはリップサービスをしてくれる。それで各局のアナウンサーが女子アナを(インタビュアーとして)送り込むようになってきた」と語った。

なお、1995年にヤクルトの古田敦也選手とフジテレビの中井美穂アナウンサーが野球選手と女子アナの結婚の先駆けなのだとか。

プロ野球選手と女子アナの結婚を統計で見ると、チーム別では巨人の選手が1番多く、中日が2番。局別ではテレビ東京、次いでフジテレビのアナウンサーとの結婚が多いという。

女子アナとの出会いを聞かれた元千葉ロッテマリーンズの里崎は「だって僕…。女子アナにインタビューされたことないから」と明かすとスタジオは爆笑。続けて里崎は「女子アナとか球場に来ないっすもん」「言うてください。ロッテの選手で女子アナと結婚した人は?何人いるか」と逆質問。これにアシスタントの川田裕美が手元の資料を見て「いないです~!」と答えると、MCの東野幸治も「ゼロです!」と大盛り上がり。

東野が「ロッテの選手からすると『クソ~!』とか?」と気持ちを尋ねると、里崎は「クソ~というか、空想上(クーソーじょう)の話っすよね」とオヤジギャグで返し、スタジオを大爆笑させた。

(Yomerumoバラエティニュース編集部)


関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス