最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

エド・ウェストウィック婚約はどうなる!? 複数の女優に性的暴行の可能性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『Gossip Girl』で“チャック・バス”を演じた俳優のエド・ウェストウィックが、過去に女優に対し性的暴行を働いた容疑で警察の捜査を受けていることを先にお伝えした。続いてほかの女優も「私もエドに強姦された」と訴え出たなか、なんとエドが交際中の女性と間もなく婚約する予定でいたことも分かった。

俳優エド・ウェストウィック(30)から2014年に性的暴行を受けた、との被害届を女優クリスティーナ・コーエン(27)がロス市警ハリウッド署に提出したのは今月7日のこと。あるプロデューサーとともにエドの自宅を訪れて被害に遭ったが、「エドには金も人脈もある。騒がないほうが」とそのプロデューサーに諭されて泣き寝入りしてしまった。しかし今、ハリウッドでは権力に物を言わせた悪質なセクハラを暴く機運にあり、彼女も勇気をもって被害を訴え出た次第だが、エドはその主張を全面的に否定している。

その記事に“ひょっとしたらほかの女優にも…”と添えていた米芸能各メディア。彼らの予想は的中したようだ。『People』や『Deadline』が伝えたところによれば、続いては、かつて“オーレリー・マリー・カオ”の名で女優をしていたオーレリー・ウィンさんという女性が「2014年7月にエドに強姦された」と被害を訴えたもよう。8日、Facebookで「私はうつ伏せに倒され、その上にエドは力づくでのしかかってきたの。どうすることもできない状況で本当にショックだった」などと説明。ワンピース型の水着も無理やり剥がされてしまったとしている。

エドの自宅で行われたパーティに参加し、ゲスト用のベッドルームで眠っていたら性的暴行されてしまったと主張するオーレリーさん。「そういう状況でエドはどれほど多くの若い女性に手を出してきたことか。クリスティーナさんの勇気ある訴えがなければ、私だって泣き寝入りしたままだったわ。彼女にはとても感謝している。友人ですら『売名行為だといってあなたが嘲笑されるだけ。公にしないほうが賢明だと思う』なんて言っていたくらいなの。すべてが明るみに出たらいいと思う。この世に正義はきっとあるから」などと綴った。

告発が続き、絶体絶命のピンチといった感のあるエドだが、なんとこの騒動の直前には交際中のジェシカ・サーファティさんと婚約するため、2人で婚約指輪を購入していたとの報道も飛び出した。健気にも「あなたは優しい心の持ち主。私だけは身の潔白を信じている」などとTwitterに書き込んでいたジェシカさん。お気の毒にというしかない。

(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス