最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

若手が7戦全勝の“完全勝利”か、トップ棋士が意地見せるか 将棋・魂の七番勝負最終局 11.11放送

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 若手棋士が7戦全勝の“完全勝利”か、トップ棋士が意地を見せるか、将棋界でも珍しい世代間の団体対抗戦の焦点は、その1つに絞られた。23歳以下の若手棋士と、40代のトップ棋士が7人ずつの対抗戦で戦うAbemaTV「若手VSトップ棋士 魂の七番勝負」。両チームとも豪華なメンバーをそろえたが、結果はここまで若手の6戦全勝と、周囲の予想をはるかに超えるものになっている。最終第7局を戦うのは木村一基九段(44)と近藤誠也五段(21)。団体戦としての勝敗は決まっているが、全勝・全敗となれば、将棋界に与える印象は大きく変わってくる。

 「世代交代なるか?」をテーマに掲げた、今回の対局企画。公式戦でも20代の若手棋士が、続々とタイトルに挑戦。40代のトップ棋士が築いた牙城を崩し始めた。40代の棋士たちが若き頃に先輩棋士たちを倒し続けたが、四半世紀ほどたった今、同じ状況が起きつつある。奨励会時代、木村九段の対局で記録をつけていた近藤五段も「非公式戦ですけど、当然勝ちにいきたいと思います」と、闘志を燃やしている。

デビュー間もない若手棋士がトップ棋士と対局することすら難しい将棋界のシステムの中で、世代間による団体戦は非公式戦でも珍しい。その上で、若手チームが圧倒的な結果を出していることは、まさに「世代交代」の象徴というほかない。ここで白星が7つ並ぶのか、それとも黒星が1つついて終わるのか。今後の公式戦においても、若手がベテランに挑む時のメンタルを左右しかねない大一番の結果が、いよいよ明かされる。

(C)AbemaTV
▶木村一基九段対近藤誠也五段 魂の七番勝負第7局
▶三浦弘行九段対増田康宏四段 魂の七番勝負第6局
▶森内俊之九段対八代弥六段 魂の七番勝負第5局
▶郷田真隆九段対青嶋未来五段 魂の七番勝負第4局
▶行方尚史八段対藤井聡太四段 魂の七番勝負第3局
▶藤井猛九段対佐々木勇気六段 魂の七番勝負第2局
▶屋敷伸之九段対佐々木大地四段 魂の七番勝負第1局


外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス