最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

近藤真彦が、森繁久彌として『徹子の部屋』に出演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
近藤真彦が、松下奈緒と清野菜名がW主演を務める帯ドラマ劇場『トットちゃん!』(テレビ朝日系列、毎週月~金曜12:30~12:50)で、昭和を代表する名優、故・森繁久彌さんを演じることが決定。「知床旅情」を歌い上げるシーンなどに挑んだ。

本作は、40年以上の長きにわたって『徹子の部屋』の司会を務め、常にエンターテインメント界の第一線で活躍を続けてきた黒柳徹子とその家族の激動の昭和史を描く帯ドラマ。これまで映像化されていなかった『窓ぎわのトットちゃん』の時代からもエピソードを抜粋し、テレビ女優・一期生として活躍したNHK時代や、初めて明かされる“国境を越えた恋”まで、黒柳の怒涛の半生が描かれる。

故・森繁さんは、いわずとしれた国民的俳優。黒柳がNHKの専属女優だった頃から親交があり、黒柳が『徹子の部屋』の記念すべき第1回目(1976年)のゲストに迎えたことでも知られている。惜しくも2009年に亡くなられたが、文化勲章、紫綬褒章や国民栄誉賞なども贈られた、伝説の名優だ。

近藤もまた、黒柳とは『ザ・ベストテン』(TBS)時代から親交が深く、「仕事で会うより、プライベートでお会いすることの方が多く、しょっちゅう“リアル徹子の部屋”をやっている感じです(笑)」と語るほど仲が良い。2015年5月、『徹子の部屋』が放送1万回を迎えた際は、後輩の東山紀之と共にお祝いに駆け付けたことも。そんな黒柳に、出演を報告すると、大変驚きながらも、「もうあなたに任せたわ」とエールを送られたそうで、太い絆で結ばれている2人ならではのエピソードを明かした。

近藤は『おやじのヒゲ13』(TBS/1992年)などで森繁さんと共演経験があるものの、今回演じるのは、森繁さんが人気俳優として大躍進した40代から60代にかけて。名優を演じるにあたって、「さまざまな映画作品を拝見し、もちろん『徹子の部屋』第1回目の映像は数えきれないぐらい繰り返して見ました」と、偉大な存在に真剣に向き合ったことを告白した。そこで感じたのは、森繁さんの知的かつ上品な“色気”と、“自然体”。過去に共演したときは、やりたい放題だった森繁さんのことを「ワガママなおじいちゃんという印象でした(笑)」と懐かしみながらも、出演作を勉強するうち、その自然体をリスペクト。「本当に魅力的な方。森繁さんの自然体が、観る人を感動させてきたのではないでしょうか。僕も最初は森繁さんの物真似をした方がよいのか、近藤真彦が演じる森繁久彌がよいのかいろいろ悩みましたが、その中間でうまく演じられた気がします」と、大役に挑んだ心境を語った。

『徹子の部屋』の初回収録のシーンでは、「知床旅情」をしっとり色っぽく歌い上げ、その歌声にスタジオ中が聞き惚れるほど……。近藤自身も「きちんと森繁久彌として歌うことができたと思います」と、その出来ばえに自信をのぞかせていた。

近藤が演じる“森繁久彌”が登場するのは、11月24日(金)放送の第40話から。稀代の名優をどう演じるのか、注目が集まる。

外部リンク(テレビドガッチ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス