最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【東京モーターショー2017】「隠れXV」アイコンに込められた意味とは? XV FUN ADVENTURE CONCEPTを徹底チェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京モーターショー2017 のSUBARUブースでステージ上のVIZIV Performance CONCEPTと同じくらい注目を集めたのが「XV FUN ADVENTURE CONCEPT」。大径タイヤと高められた車高、ルーフ上のテントなど、様々な注目ポイント満載のコンセプトモデルです。

まず、気になるボディカラーは「琥珀」と呼ばれるメタリックイエローで、差し色として、フロントグリルやけん引フックにカッパー(銅色)が使われており、山奥の秘境などで栄えそうなカラーリングです。

カッパーの差し色はシフトノブやステアリングベゼルなどインテリアにも取り入れられ、ワイルドさの中にも特別感を感じることができます。

元々200mmのロードクリアランスで悪路走破性を高めているXVですが、このXV FUN ADVENTURE CONCEPTは220mmへと、さらに高められています。

この車高アップ、コンセプトモデル用のプロトタイプの足回りというわけではなく、輸出仕様のサスペンションを利用することで、20mmの車高アップを実現しているそうです。

どこへでも走れてしまいそうなタイヤにあわせ、オーバーフェンダーを装着。ボディの拡幅は最小限ながらも迫力満点のエクステリアとなっています。

マニア目線で気になるポイントといえば、テールランプ。標準モデルのXVやインプレッサではハッチ側のレンズ部分は点灯しませんが、こちらのコンセプトモデルでは、テールランプとして点灯もしています。インプレッサ、XVはもちろん、レヴォーグでもハッチ側のレンズを点灯させてほしい!という声も大きいだけに、気になる部分です。

インテリアもラフロードタイヤのブロックをイメージしたシートなどを採用。ステッチ類も標準モデルとは異なるワイルドな印象となっています。

インテリアで注目のポイントといえば、各所に隠されている「隠れXV」アイコン。ドアトリムをはじめ様々な場所に隠れています。ドアトリム以外のものには隠されている場所に意味があるのです。

それは安全確認のポイント。隠れXV の場所を目視することで、発進時、右左折時、後退時などで安全確認をしっかりと行えるのです。

例えばフロントガラスの助手席側の隠れXVは、走行中に車線の中央を走行しているかを確認できる目印となっています。

東京モーターショーは閉幕しましたが、これから始まる名古屋や大阪モーターショーでもきっと出会えるはず!ぜひこちらにも期待してXV FUN ADVENTURE CONCEPTをチェックしてみてくださいね!

(Text 井元 貴幸 Photo 土屋 勇人・井元 貴幸)

外部リンク(clicccar)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス