最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

藤子・F・不二雄、最後の『ドラえもん』原稿と弟子への手紙公開 晩年の逸話に感動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラえもん』や『パーマン』、数々の名作を世に送り出し1996年に亡くなった藤子・F・不二雄先生(以下、藤本)。

この、日本を代表する漫画家の最後の弟子・むぎわらしんたろう(49)が2・9日深夜放送『ゴロウ・デラックス』(TBS系)に出演。晩年の逸話を語りファンの感動を呼んでいる。

(画像は『ゴロウ・デラックス』公式TWtterからのスクリーンショット)

■大変なプレッシャー


藤子不二雄として学生時代からコンビを組んできた藤本弘と安孫子素雄(83)が袂を分かち、藤本は「藤子・F・不二雄プロ(藤子プロ)」を設立。むぎわらは1988年にアシスタントに。

藤本はキャラクターのペン入れを担当し、背景などはむぎわら達アシスタントに指示を出しペン入れを任せていた。

しかし、長編作品『のび太のねじまき都市冒険記』では体調を崩していた藤本から、下書き状態のラフ原稿を託される。中にはざっくりとした下書きもあり「大変なプレッシャーを感じた」と明かす。

■渡された手紙


ペン入れを終え、藤本に確認して貰った原稿はビッシリと添削済み。さらにむぎわら達アシスタントに向けて手紙が添えられていた。

「この機会に徹底的に僕の理想像を聞いてほしい。今後、少しずつでも理想像に近づいていければ」

「ベテランになるとコツがわかる。この時が一番の危機。ついつい楽に仕事をしようとする。漫画は1作1作初心に帰って苦しみ悩み書くもの」

「藤子本人が書かなくなってからグッと質が上がったと言われたら嬉しい」

受け取った時、「(自分が書けばいいのに)なぜこんなことを言うのか」疑問に思ったむぎわらの想いを、稲垣吾郎(43)が「でも、うれしい言葉ですよね。喝を入れてくれている」と代弁した。

■亡くなる直前まで下書き


指摘を参考に訂正し、「それ以降は『申し分ない』という言葉を頂いた」とむぎわらは感慨深く語った。

藤本はその直後に亡くなったが、意識がなくなる直前までペンを持ち、『ねじまき都市』の下書きを終えた。むぎわらは続きを担当したが、下書きは擬音だけのコマなどざっくりとしたもので、「全然わからない」と稲垣らが困惑するほど。

長年、藤本の背中を追い続けてきたむぎわらだからこそ、「心に寄り添って」再現できた作品だと判明した。

■逸話に感動の声


藤本との思い出を描いた『ドラえもん物語~藤子・F・不二雄先生の背中~』や『ドラベース ドラえもん超野球外伝』(共に小学館)など、藤本から受けついだ『ドラえもん』を、むぎわらは新たな姿で描いている。

そのむぎわらから語られた、藤本の逸話に視聴者から感動の声が寄せられた。












アニメだけでなくコミックも


国民的アニメとして老若男女に人気の『ドラえもん』だが、全国20~60代の男女1,362名を対象に調査したところ、「コミック版の『ドラえもん』を読んだことがある人」は45.4%と半数ほどと判明した。

©sirabee.com

原作コミックにはアニメとは異なる良さがある。藤本がマンガへ、『ドラえもん』へ込めた想いを知ってから原作コミックを読めば、また違った感想を持てるに違いない。

・合わせて読みたい→「SF」=「すこし・ふしぎ」 略語をお茶目に解釈する遊び

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ
【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」

調査期間:2016年11月25日~2016年11月28日
対象:全国20代~60代の男女1,362名 (有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス