最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

松たか子、映画主題歌を初提供 長澤まさみ&高橋一生共演『嘘を愛する女』に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 松たか子が、長澤まさみと高橋一生が共演する映画『嘘を愛する女』の主題歌に、新曲『つなぐもの』を提供することが発表された。松が映画主題歌に楽曲を提供するのは初めて。併せて、主題歌を使用した予告編も解禁となった。

【関連】「松たか子」フォトギャラリー

『嘘を愛する女』は新たな才能の発掘を目指して、2015年に開催された『TSUTAYA CREATORS’PROGRAM FILM2015』初代グランプリを勝ち取った企画を映像化したラブストーリー。「ゆうちょ銀行」「住友生命」などのCMを手掛ける中江和仁が監督、脚本を務める。

今回の楽曲は松のデビュー曲『明日、春が来たら』でも作詞を務めた脚本家の坂元裕二が詞を提供、作曲は松、編曲を佐橋佳幸と山本拓夫が務める。

松は「数年前に書いた、名もない曲が、素敵な映画に出会い、つなぐもの、になりました。全ての御縁、に感謝しています」とコメント。

長澤は「松さんの優しくて力のある歌声に物語の奥行き、人の想いの動き全てを代弁してもらった気がしてなんだか悔しくなりました。ストーリーを支えてくれる楽曲にとても感謝の気持ちでいっぱいです」との言葉を寄せ、ドラマ『カルテット』で松と共演した高橋も「松さんの作曲、坂元さんの作詞、佐橋さん編曲。映画作品の音楽は、その作品の重要な要素になり得るものと思っています。僕が勝手にご縁を感じているお三方が関わってくださること、嬉しく思います」と喜びの気持ちを語っている。

『つなぐもの』は12月6日発売の松の8年ぶりとなるニューアルバム『明日はどこから』に収録される。

映画『嘘を愛する女』は2018年1月20日より全国公開。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス