最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

さかなにエサをやるだけでオーガニック野菜ができる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中西哲生と高橋万里恵がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。11月6日(月)の放送では、野菜を通じて1週間をより元気に過ごすお手伝いをする「追跡 カゴメプレゼンツ ベジライフ」のコーナーに、株式会社おうち菜園の濱田健吾さんが登場。同社で販売している、地球にやさしい循環型農業を手軽に体験できる家庭用アクアポニックス「アクアスプラウト」について伺いました。


AQUAPONICS(アクアポニックス)


濱田さんが“さかな畑”と呼んでいるこの「アクアスプラウト」という商品は、さかなを飼育するだけでオーガニック野菜やハーブを育てることができる家庭菜園キットのこと。

それを聞いた中西は「仕組みがよくわからない……どういうこと?」とキョトンとしながら、その仕組みについて質問します。

濱田さんによると、これはさかな、植物、微生物の3つで生態系を作ることで成り立つものだそうで、エサをやることでさかなが糞をして、微生物がその糞を分解、それが栄養となって野菜が育ち、なおかつ(植物と微生物が)水も綺麗にしてくれるため、リビングなどのちょっとしたスペースで手軽に育てられるそうです。

このさかなと植物をひとつのシステムで育てる有機農法のことをアクアポニックスといい、濱田さん曰く日本ではまだあまり知られていないものの、海外では大規模農場があったり、学校教育の教材などにも使われているのだとか。

“地球に最もやさしい農業”と称されるアクアポニックスを日本に広める活動をしている濱田さんは、「生態系が常に循環していくので植物への水やりや肥料が不要なのに加えて、水槽の水換えも原則不要です。お世話はさかなへのエサやりくらい」だと話します。

ちなみに、さかなは淡水魚であればおおよそ飼育可能だそうで、濱田さんのオススメは金魚、タナゴ、メダカ、どじょう、熱帯魚。そして、ミント、バジル、パクチーなどのハーブやパセリ、ねぎ、しそ、リーフレタスといった葉物野菜が栽培でき、日当たりが良ければイチゴも育てられるそうです。

濱田さん自身、7歳の娘と一緒に「アクアスプラウト」で栽培していて「ぜひお子さまと一緒に育ててみてほしい。“さかな畑”では自分で作った生態系から作物ができて、それを実際に食する経験ができる教育商品です。科学的な興味が高まったり、地球環境や命について考えたりするきっかけにもなりますよ」とアピールしていました。

なお、現在発売中の「アクアスプラウト」は11月15日(水)まで予約を受付、ニューモデルは11月23日(木)から発売されるそうなので、興味のある人はぜひチェックしてみてください。


株式会社 おうち菜園の濱田健吾さん(中央)、和田奈美佳さんとパーソナリティの中西哲生


----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2017年11月14日(火) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


【番組概要】
番組名:クロノス
放送日時:毎週月~金曜6:00~8:55
パーソナリティ:中西哲生(月~木)、速水健朗(金)、高橋万里恵
番組Webサイト:http://www.jfn.co.jp/ch/

外部リンク(TOKYO FM+)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス