最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【イラストでわかる着こなし図鑑vol.2】今秋トレンドのファーパンプスを取り入れるには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今秋、どの雑誌でも見かけるファーパンプス。ふわふわとしたファーがあしらわれ、歩くたびに揺れる様子は胸キュン必至なビジュアルですが、履きこなすのは難しそうな印象がありますよね。気になるけど、大人女子が違和感なく取り入れるのにはどうしたら……!? インスタグラムで配信しているファッションイラストが「かわいい!」と大人気の、イラストレーター・よぴさんのイラストで、大人女子におすすめコーディネートをアイテムごとに紹介します。

■テーマ:ファーパンプス

■履くだけで一気に今年顔! 話題の旬パンプス

ファーバッグ、ファーストール、ファーのポンポンチャームと、服も小物も今年はファーをあしらったアイテムが目白押し! 特にファー小物は取り入れるだけで一気にコーディネートが秋冬らしくなるので、晩夏から真冬までずっと使える優秀アイテム。そんな数あるファー小物の中で、今年特に注目を集めているのが、パンプスにファーをあしらったファーパンプス! 働く女子におなじみのデイリー系プチプラブランドから憧れのハイブランドまで、今年の旬靴としてファーパンプスが続々と登場しています。

■オフィスに履いていくなら部分ファー!

まるでうさぎみたいな全体をファーで包んだタイプも可愛いですが、オフィスには不向き。オトナ女子なら、足の甲やかかとなど部分的にファーをあしらったパンプスを選んで。また、ファー以外の靴の素材はエナメルやレザーよりもスエード素材が馴染みやすく、高級感もあっておすすめです。ぺたんこだと足元が重くなってしまうので、ヒール付きがベスト! トレンドの太めのチャンキーヒールなら程よくカジュアルに、ピンヒールなら大人っぽく上品にまとまります。

レディな印象になるファーパンプスとしておすすめなのが、Odette e Odile(オデット エ オディール)のファーパンプス。セパレートデザインが足を華奢に、きれいに見せてくれ、かかとに着いたファーがとってもラグジュアリーな一足! ソールもピンヒールで大人っぽい印象なので、オフィスにもぴったりです。

■オフィスコーデに取り入れるときの注意点は?

会社にファーパンプスを履いていくとき、どんな洋服を合わせればオフィスでも浮かないコーディネートになるかは、かなり気になるところ。足元に十分ポイントがあるので、アクセサリーや色鮮やかなトップスを用いなくても印象は華やかになります。そのため、カラーはオフホイトやネイビーなどモノトーンか暗めの洋服を合わせ、同系色でまとめるとうるさくなりません。

今回のイラストでは、GU(ジーユー)のウエストリボンフレアスカートに、同じくGU(ジーユー)のキャンディスリーブスキッパーブラウスを合わせてプチプラ系コーディネートに。今年のトレンドカラーでもあるオリーブグリーンはファーとの相性も抜群なのでおすすめです。ちなみに、モノトーンといっても黒を合わせると逆にイベント仕様になってしまい、派手な印象になってしまうので、避けたほうが無難。

■休日コーデにはミュール&スリッポン

春夏から人気継続中の、すぐにサッと履ける手軽さが便利なミュールやスリッポンは休日コーデに! ファーが取り外しできるバンドになっているタイプのものなら洋服に合わせてコーディネートできるので重宝します。フロントにファーがついているものや、インナーソールがファーで敷き詰められたあったかタイプも! ファーはオフホワイトや黒といった定番色だけでなく、カラフルなファーをあしらったミュールも多数出ているので、休日に合わせる靴なら冒険もできますね。合わせる洋服は靴にボリュームがあるため、丈感が短めのパンツを選んで足首を見せて抜け感を出すのがポイント。イラストのような短めのワイドパンツなら、たっぷりしたファーがよりアクセントとなり引き立ちます。

基本的にファーパンプスに合わせる洋服は、靴自体に存在感があるため、柄や派手な色の洋服は避けてシンプルにまとめ、ボトムもレングスは短めにし、靴がきちんと目立つようにするのがコツ。取り入れるだけで一気に旬顔になるアイテムなので、ぜひ積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか?

【アイテム詳細】

OID ヒップファーセパレート パンプス80 23,000円/Odette e Odile

キャンディスリーブスキッパーブラウス ※完売

ウエストリボンフレアスカート 1,990円/GU

※価格はすべて税別

(監修:yopipi、文:木原悠紀子)

外部リンク(マイナビウーマン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス