最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

浪川大輔、高垣彩陽らアニメ『牙狼<GARO>』ついに登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テレビ東京系にて放送中のアニメーション『牙狼‐VANISHING LINE-』(毎週金曜25:23~)。11月10日放送の第6話に、浪川大輔、土師孝也、高垣彩陽、富田美憂、魏涼子という豪華声優陣が出演することがわかった。

『牙狼<GARO>』とは、2005年に同局で放送が開始された特撮シリーズ。最新のCG/VFX技術を駆使し、原作者でもある雨宮の筆文字を取り入れたスタイリッシュな映像が、大人のための特撮ドラマとして独自の歴史を作り続けている。そして2014年10月、2015年10月にアニメシリーズを放送し、好評を博した。

その最新シリーズとなる本作の舞台は、高度に発展した都市・ラッセルシティ。ガロの称号を持つ魔戒騎士・ソードは、魔界より現われ人間に憑依する魔獣・ホラーからその街を守るため、人知れず闘う日々を送っていた。ある時、ホラーを討滅する中で、ソードは「エルドラド」という謎のキーワードに遭遇。そのキーワードに、ホラーが目論む巨大な陰謀を感じ取ったソードは、ホラー討滅だけでなく「エルドラド」の意味を探すために調査を始める。そんな中、ソードはソフィという少女と出会う。ソフィもまた、行方不明になった兄が残したメッセージ「エルドラド」の意味を探し求めていた。互いに見えない絆を感じた2人は、行動を共にするように。そして、それぞれの想いが交錯する旅が始まった。

今回出演する浪川といえば、アニメシリーズ第1弾『牙狼<GARO>-炎の刻印-』で主人公のレオン・ルイス役を、シリーズ第2弾『牙狼-紅蓮ノ月-』では藤原保輔役を担当し、牙狼のアニメシリーズを支えてきたといっても過言ではない人物。果たしてどのような役柄で登場するのか? さらに、土師演じるラッセルシティ・チャイナタウンの長老フェイロン、高垣演じる中華屋の看板娘メイファンなど、新キャラクターも続々登場する。

そんな期待高まる第6話「INTRICACY」の舞台は、シティに似つかわしくない古びた映画館。そこで毎晩人が消えるというので指令を受けたソードとルークだが、ルークは自分一人でやらせて欲しいと現場に向かい消えてしまう。ホラーの仕業と断定したソードも映画館へと乗り込むが、そこで観たものはスクリーンに映し出される幼きルークであった……。

外部リンク(テレビドガッチ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス