最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

Little Glee Monster、役所広司・山崎賢人ら「陸王」出演者に生歌エール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【Little Glee Monster・陸王/モデルプレス=11月10日】BS系日曜劇場『陸王』(毎週日曜よる9時)で劇中歌を歌うLittle Glee Monster(以下:リトグリ)が、このたび撮影現場を訪問した。

リトグリは、主演の役所広司をはじめ、山崎賢人(※「崎」は正式には「たつさき」)、竹内涼真、寺尾聰ら出演者と挨拶を交わし、「Jupiter」「Seasons Of Love」の2曲を熱唱。透き通るような生歌に、出演者からは盛大な拍手が沸き起こった。

◆今後の劇中歌にも注目



今春、プロデューサー・伊與田英徳氏がライブに訪れた際、その歌声に感動し、今回の劇中歌の起用にされたリトグリ。第1話の感動的なシーンで「Jupiter」が流れると、ネットを中心に話題になった。

なお、第3話までの放送でリトグリが歌う劇中歌として流れたのは「Jupiter」だが、今後はシーンによっては流れる曲が変わるよう。今後もリトグリの力強く繊細な歌声に注目が集まる。

◆「陸王」に4万人が協力



同作は、池井戸潤原作の小説をドラマ化。地方零細企業の老舗足袋業者が、巨大ブランドと競いながら、実業団と協力し、世界一のシューズ「陸王」を開発していく企業再生ストーリー。主人公で創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長・宮沢紘一を役所、その長男・宮沢大地を山崎、「陸王」開発の最重要人物となるマラソンランナー・茂木裕人を竹内が演じている。

マラソンシーンの撮影は大がかりなもので、第1話で行われた豊橋国際マラソンには3日間で1万人、第3話で行われた熊谷マラソンには約5000人、そして第5話(11月19日放送)で行われるニューイヤー駅伝には約7000人のエキストラを動員。もちろん、マラソン大会以外のシーンにも多数の力を借り、延べ4万人のエキストラが協力した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス