最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

1970年代末期の代表的な地下放送を振り返る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地下放送とは「政治的なメッセージを放送する非公式の放送」。内容には、対象国の体制批判や反政府活動といった政治的なものだけでなく、本国では放送できない話題・思想・音楽も含まれます。ここでは、日本がBCLブームに沸いた1970年代以降の地下放送について振り返っていきましょう。

1970年代末期の代表的な地下放送を振り返る

地下放送は対象国の体制を攻撃する


1970年代末期の代表的な地下放送には、朝鮮半島の『希望のこだま放送』『統一革命党の声放送』、中国の『火花』『八一電台』『紅旗広播電台』などが存在しました。これらはすべて所在地を偽装もしくは明らかにせず、対象国の体制をモロに攻撃し、どれも地下放送と呼ぶのに相応しい放送局でした。

中国大陸の地下放送では『火花』を始めとした反中国共産党地下局が頻繁に受信できました。火花は19時頃にインターナショナルの演奏で開始。冒頭部分にはジャミングがかかっておらず良好に聞けたものです。「アジア放送研究会」の「中国地下放送動向分析」では、送信地は東シナ海の船上ではないかと推測しています。

そして、一連の地下放送のうち最も傑作なのが偽『中央人民広播電台』。中央人民広播電台の番組「各地人民広播電台連播節目」の録音で始まり、ニュース途中でニセ番組に切り替わるという手の込んだ放送です。

中越戦争開始で発見された地下放送


中国地方局では北京からの主要番組を短波で受信、中継していましたが、誤って敵の放送を中継してしまう事故が発生しており、それを狙ったのかもしれません。

また『八一電台』は、1979年の中越戦争開始のタイミングで発見された地下放送。八・一は中国人民解放軍の創立記念日にちなみますが、こちらはソ連の極東地域から放送されているのでは?といわれていました。

さらに中波の995kHzで出ていたのが『紅旗広播電台』。こちらもソ連極東方向から聞こえており、放送にソ連が何かしら関与していたのは明確でした。

さて、それから40年後の現在、南北朝鮮は相変らず対立状態にあるものの、中台対立は緩和され、黒幕の1つだったソ連は国家さえありません。当時の地下放送も現存するのは、韓国の希望のこだま放送のみとなりました。

外部リンク(ラジオライフ.com)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス