最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

デニム姿のスタッフがお出迎え。アンダーズ 東京の新たな試み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本初のラグジュアリー ライフスタイルホテル「アンダーズ 東京」では、"新しいラグジュアリーの在り方"を日本で提案する試みとして、日本を代表するデニムブランド「レッドカード」とコラボレーション。オリジナルデニムをお披露目しました。

オリジナルデニムに込めた思い

20171109_denim_2.jpg

アンダーズ 東京は、形式にとらわれないパーソナルスタイルのサービスで人気のホテル。訪れる人が上質な時間を過ごせる空間とサービスを提供しています。

「ラグジュアリーホテル=ドレスアップしていく非日常空間」という固定概念をくつがえし、あえてカジュアルといわれるデニムを通じて、「自分らしいスタイルでいることこそがラグジュアリー」という考えにいたったという総支配人のロス・クーパーさん。

そこで、オリジナルデニムを作ることに。パートナーに選んだのは、"デニムのマエストロ"と呼ばれる本澤裕治さんがプロデューサーを務める「レッドカード」でした。

共通のコンセプトにより実現したコラボ

20171109_denim_1.jpg

日本国内のデニムブランドは少なくありませんが、今回のコラボパートナーに「レッドカード」を選んだ理由は、アンダーズブランドのコンセプトとの共通点が多かったからです。

1つ目はクオリティの高さ、2つ目はMADE IN JAPANへのこだわりとその魅力を世界へ伝えていること、3つ目はブランドステータスよりも、心地よさや自分らしさなど内面的な豊かさを重視して製品を作っていること、最後にラグジュアリー ライフスタイルホテルでもスタイリッシュに着こなせるデニムである点だそう。

20171109_denim_3.jpg

「レッドカード」のオリジナルデニムにはブランドロゴがあしらわれていませんが、今回のコラボデニムには「A,N,D,A,Z」のアルファベットいずれか1文字が職人さんの手書きで入れられています。アルファベットとそのカラーはそれぞれ異なります。

アルファベットの5文字それぞれにメンズ、ウィメンズが用意されているので合計で10種類です。まずはスタッフが着用し、お客様からの反応をしばらく見るそうです。「スタッフがリラックスして自分らしく接客できれば」との想いもあるそう。

まだまだ量産体制には入っていませんが、反応がよければ今後販売も検討するそうです。

アンダーズ 東京


外部リンク(カフェグローブ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス