最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「重要参考人探偵」玉森裕太の人見知りはドラマの現場で克服!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
玉森裕太演じるいつも死体を見つけてしまう不幸体質の持ち主・弥木圭が主人公のドラマ「重要参考人探偵」(毎週金曜夜11:15-0:15※一部地域では放送時間が異なる、テレビ朝日系)の第4話が11月10日(金)に放送。放送を前に、玉森、小山慶一郎、新木優子、古川雄輝が“ほっこり”座談会を開催。引き続き、公開する後編では、互いの印象や撮影現場での必需品などについて語り合ってくれた 。

■ 玉ちゃんは人見知りではないです、僕が人見知りです![古川]

――玉森さんは人見知りだとドラマが始まる前のインタビューでは言っていましたが、実際はいかがですか?

小山:最初は探ってたと思いますが、今は人見知りっていう感じはしないね。自分の時間を持っている人だなという印象かな。今話しかけない方がいいのかなとか、今は集中してるんだろうなって思う時間はあると思いますね。

玉森:そういうふうに見えてました?

小山:うん、見えてるよ。

玉森:それ、違うんです、僕の中では(笑)。

小山:集中してる時間じゃないの? せりふ言ったりしてるからてっきり…。話しかけてもイラっとしない?

玉森:全然大丈夫です!

小山:ホント? 先輩はすごく気を遣ってました(笑)。じゃあ、今度から話しかけるわ。やっぱり、意外と大丈夫な人だと思うな。意外と受け入れ口は広いし、現場でガラッと印象が変わりました。

新木:私も全く一緒です。こちらが壁を作らなければ、オープンな感じ。朝のあいさつもすごく、なんというか…。

玉森:…さわやか?(笑)

新木:はい!さわやかです(笑)。現場に入ってきたら、「おはよう」って声も掛けてくださるので、現場に入ってから人見知りじゃないと思いました。最初の顔合わせでは、人見知りなのかな?って思っていたんですけど、現場に入ったらそんなことないですね。

小山:俺もそう思う! 問題はココですよ。玉ちゃん(玉森)とふるぽん(古川)という、人見知り同士。どう見えているのかな?

古川:僕から言わせると、玉ちゃんは人見知りではないですね。僕が!…人見知りです。

小山:このレベルは人見知りじゃない、と。

古川:社交的だと思いますよ。

玉森:ふるぽんはめちゃくちゃ人見知りだよね。ドラマって長い時間一緒にいるから大丈夫なんです。僕よりもふるぽんのほうが人見知り激しいなって感じがしますね。

古川:そうですね…(笑)。

小山:ふるぽんと普通に会話できるようになったら、ずいぶん仲良くなれたってことになるよね。だって、今も記者さんに人見知りしてるでしょ?(笑)

古川:いやいや…(笑)。

■ 好きなお菓子を空き時間に食べてます[玉森]

――では、皆さんが撮影現場でハマっていることは何ですか?

小山:新木さんが持ってきたカードゲームがすごくおもしろいね。

玉森・新木:しりとりトランプ!

小山:じゃあ、新木さん説明してくれる?

新木:ひらがなが書いてあるカードを使うんですが、出ているカードを頭文字に、自分のカードをお尻の文字にした言葉を考えて、カードを出していくんです。

小山:例えば、【た】のカードが出ていて、自分は【り】を持っているとしますよね。そうしてら、【り】を出して、“【た】まも【り】”というふうに。そうすると、次は【り】が出ているので、次の人が【す】を持っているとしたら、カードを出して“【り】【す】”ということになるんです。

新木:あ、でも2文字じゃなくて3文字以上じゃないとダメです(笑)。

小山:うるさい!うるさい!(笑) ルール細かいんですよ(笑)。

新木:最後の1枚を出すときは5文字以上じゃないといけないとか、結構考えなくちゃいけないカードゲームなんですよね。

小山:スピーディーにやらないといけないし。おもしろいけど疲れるね! 頭使うから。

新木:元気のあるときにみんなで遊んでます!

――撮影現場に必ず持っていくものはありますか?

小山:そういえばふるぽんは、何にも持ってこないね。現場バックも持ってないよね。

古川:そうですね、持ってないですね…。

玉森:ポッケに入れるスタイルだもんね。

古川:そう、常にポッケに入れちゃいますね。玉ちゃんは?

玉森:何だろう…本、携帯、財布、たまにカリカリ梅。

小山:カリカリ梅!?(笑)

玉森:カリカリ梅とか、好きなお菓子を1個現場バックに入れておいて、空き時間に食べるスタイルです。

小山:僕はハンドスピナー! くるくるくるってやつ!

玉森:めっちゃ、今どきじゃないですか(笑)。

小山:あれ、何がいいんだろう?と思って買ってみたんです。やってみてもよく分からないけど、やってます(笑)。

新木:あれ、小山さんのだったんですね! こないだ(小山の)マネージャーさんがやってるの見ちゃいました(笑)。私は最近乾燥が気になり始めたので、喉にいいショウガの飴を買いました。その飴の辛さが3段階くらいあるんですが、一番好きな味が一番弱いものなんですね。でも、間違えて一番辛い飴を買ってしまったので、消費するために喉が痛い方に渡しています(笑)。

■ 悪い遊びの指示を出しているのは玉ちゃんだよね(笑)[小山]

――ちなみに、気になるスタッフさんはいたりしますか?

玉森:2年目の音声さん。撮影現場に慣れた感じではなく、一生懸命現場走り回っている方です。時には先輩に怒られたりしちゃうんですけど、そういう中でひたむきに頑張っている姿に僕は心ときめいてます。僕は一生懸命頑張っている方がすごく好きなので、いつも声をかけたり、いじったりしちゃいますね。

小山:僕は自分のマネージャーですかね。入社してからNEWSにしかついたことがなくて。現場でみんながいじってくれてて、僕らが知らないところで彼の写真をグループメールで送り合っているそうですよ。でも、あまりにもふざけている写真を見かけたときは、「こいつ、ふざけだした!」と思ったので、ちょっと叱りました(笑)。と言いつつ、皆さんに愛されているので、ありがたい限りですね。

新木:今年の6月の撮影から3作品も現場が同じで顔なじみなスタッフさんがたくさんいらっしゃるので、とても心強いです。実は、玉森さんが挙げた音声さんもそのうちのひとりです。6月に撮影した映画で一緒だったんですが、そのときよりも今は出演者に対する話し方がしっかりしてきました。彼の成長を私が一番感じています!

古川:僕も慶ちゃんのマネージャーさんが気になりますね。この前、慶ちゃんが日傘をさして、マネージャーさんが椅子に座る…というマネージャーとタレントが逆になる遊びをされていて。マネージャーさんも慶ちゃんに、「コーヒー持ってきて!」って言ってみたり(笑)。撮影以外のところでも、みんなを楽しませてくれていて、現場が和みます。すごくいいなぁって思っています。

小山:あれは、悪い遊びだったよね (笑)。

古川:でも、実はその指示を出しているのは玉ちゃんなんだけどね(笑)。

小山:そうそう。玉ちゃんがマネージャーの後ろに立って、耳元でささやく。そして、マネージャーが動くという(笑)。

玉森:(黙って笑顔で頷く)

新木:それを瞬時に小山さんが突っ込むんですよね。それがすごくおもしろくて、みんなそれが見たくてやってるんですよ、きっと。

小山:そんな彼は、携帯の後ろにハンドスピナーみたいなものをつけたんですね。バンカーリング的なものがハンドスピナーのように回るんですよ。それで、(携帯が回っているジェスチャーをしながら)「小山さん、明日のスケジュールなんですけど~」って話すから、「待て、俺に予定を言う前にその“くるくる”やめろ!」と叱ったんです。それも突っ込まれてると思って、ニヤニヤしてるんです。「突っ込んてくれてありがとうございます」みたいな顔するんで、本当にイライラします(笑)。

玉森・新木・古川: (笑)。

■ 第4話(11月10日[金]放送)あらすじ

「死体役なら圭の右に出るものはいない」という浪江社長(滝藤賢一)の提案と売り込みで、なぜか舞台俳優デビューすることになった弥木圭(玉森)。絶海の孤島にある洋館で起きる殺人事件を描いたミステリー仕立ての舞台に、“一番初めに殺される男”として出演することになる。

初舞台を前に緊張する圭に、劇団員の紅栞(雛形あきこ)は「この世は舞台、人はみな役者」と書かれた紙を渡し、緊張をほぐそうとしてくれる。しかし、開演直前のセット裏で主演俳優の黒井創(福田悠太)と東ルナ(矢作穂香)が言い争っている様子を目撃した圭は、不審に思う。そんな中、ついに舞台の幕が開く!

舞台開演もつかの間…。圭は、シモン藤馬(古川)、早乙女果林(新木)ら観客が見守る眼前で、黒井が殺されているのを発見!

死体役にはなれず、またしても第一発見者になってしまった圭。登一学(豊原功補)ら警察から疑いの目が向けられる中、死体発見直前に何者かが舞台セットの裏に逃げていくのを見たことを思い出し、「今回こそは俺が疑われることはない」と胸をなでおろす。

今回の殺害現場には『1+11』という謎の数式が残されていた。黒井からの最後のメッセージだったのではないか…? 皆が考え込む中、演出家の極利郎(佐伯新)が「この数式を漢数字に置き換えると“圭”になる」ことを発見してしまい、圭は結局疑われてしまうはめに…。

一方、『劇中殺人』という特殊なシチュエーションでの事件に居合わせることができなかった周防斎(小山)は悔しさを露わにしながら、電話で事件捜査に参加。斎の指令で劇団員への聞き込みを開始したシモンは、栞から以前に黒井と付き合っていたことを聞き出す。そしてそんなふたりを快く思っていなかった人物がいたことが判明して…?

https://news.walkerplus.com/article/127440/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス