最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

いまどき朝ごはんは学校で! 児童の欠食率を改善するための取り組み広がる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


文部科学省が平成27年に発表した「全国学力・学習状況調査」によると、朝ご飯を食べないことがある小学6年生が12.5%、中学3年生が16.2%いることがわかりました。そんな欠食児童への対策として、現在、各地の小中学校で朝食を提供する動き出てきていて、朝食を食べる習慣を身に着け、健やかに成長するための取り組みが広がっています。

■ 欠食児童が増えている?朝食抜きの弊害とは

朝ご飯を食べない児童が増えている背景の1つに、生活習慣の乱れがあります。スマホを始めとするコミュニケーションツールの普及、夜遅くまでの塾通いなど、生活習慣がむかしと大きく変わった結果、遅寝遅起きになり、朝食を摂り逃す子供が増えているようです。

しかし、時間がなかったり、面倒くさがったりして、なにも食べずに学校へ行くと、体がしっかりと目覚めず、勉強にも身が入りません。これが習慣化すると、成長いちじるしい時期に、健康が損なわれてしまう恐れがあるのです。

■ 学童期の習慣が大切!健康な大人になるために

子どものころに悪い習慣が身についてしまうと、大人になってから正すことは簡単ではありません。家で朝食を食べなくても、学校に用意されていれば、食べる機会も増します。ふだんは朝食を食べない子供も、友達といっしょなら、「食べてみようかな」という気になることも。

食育の一環として学校で朝食を提供することで、生活習慣が整い、授業に集中できる態勢になることが期待されています。朝はなにかと忙しく、時間がないものですが、家庭でも朝食を大切にし、しっかり摂るようにしたいですね。

https://www.lettuceclub.net/news/article/123604/

外部リンク(レタスクラブ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス