最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

綾瀬はるか、坂口健太郎に涙を流す…『今夜、ロマンス劇場で』予告&ポスター解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 綾瀬はるか坂口健太郎のダブル主演による映画『今夜、ロマンス劇場で』から、本予告とポスタービジュアルが解禁された。映像には、モノクロ映画から現実世界に現れたヒロインが、映画監督を目指す青年と出会い交流する姿が描かれ、惹かれあう2人の前に立ちはだかる彼女の秘密が明かされる。

【関連】「綾瀬はるか」フォトギャラリー

本作は、『のだめカンタービレ』シリーズの武内英樹監督が手掛ける完全オリジナルラブストーリー。映画のヒロインへの恋という叶わぬ想いに身を焦がす健司(坂口)の前に、スクリーンの中から突如モノクロ姿の美雪(綾瀬)が現れる。出会うはずのなかった二人は、現実世界を楽しみながら次第に惹かれあうが、美雪には“ある秘密”があり…。

公開された予告編には、モノクロ姿のままではまずいと健司が勧めたメイクとファッションを身にまとい、色のある現実世界に心を躍らせる美雪が映される。彼女の抱える“ある秘密”とは、「人のぬくもりに触れてしまうと消えてしまう」というものであると明かされ、「最後に一度だけ、抱きしめて」と願い涙する美雪の姿から、切ない展開を予感させる映像となっている。さらに、本田翼演じる健司の働く映画会社の社長令嬢・塔子からの真っ直ぐな告白に、健司が戸惑う姿も見られる。

主題歌は、本作のために書き下ろされたシェネルの『奇跡』。「叶わない恋だけれど、一緒にいたい」という気持ちを表現した切ない歌詞とメロディーに、綾瀬は「物語と美雪や健司の思いをより感じて頂ける素敵な楽曲で感謝しています。シェネルさんの美しい歌声と共に『今夜、ロマンス劇場で』を是非お楽しみ下さい」とコメント。坂口は「ゆったりと優しい。そして力強い歌声で、台本を読んだ瞬間の感動と撮影をしていた時の健司の気持ちを思い出しました」と話した。

解禁された本ポスターは、「運命なんて飛び越えて、私はあなたに逢いに行く。」というキャッチコピーとともに、幻想的な背景の中、カラーの美雪が健司に触れようとするロマンティックなビジュアル。2人の切ないロマンスの行方に注目だ。

映画『今夜、ロマンス劇場で』は、2018年2月10日より全国公開。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス