最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

秋山竜次が“一人10役”!空前絶後の本格ミステリードラマが誕生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テレビ東京系で、2017年の年末に、ドラマ「黒い十人の秋山」を放送することがわかった。主演は、ドラマ初の単独主演となるロバート・秋山竜次。

同ドラマは、クリエイターズ・ファイルも大きな話題を呼び、普段から細かいキャラクターの作り込みとなりきりぶりに定評のある秋山が、日本ドラマ史上初となる(?)1人10役に挑む。オペラ歌手、美人秘書、外国人画家、建設会社社長、美容整形外科医、サーファー、プロゴルファー、ファッションモデル、猫を飼う男、トータル・ファッション・アドバイザーと、秋山が演じ分ける10人の色濃いキャラクターの作り込み、そして緊張感あふれるストーリーとなっている。中にはYOKO FUCHIGAMIら、おなじみのキャラクターも登場する。

また、秋山の他にも刑事・被害者役に、脇を固める豪華実力派俳優陣が多数出演する予定だ。

秋山は、「初めて台本を頂いて読んだ時、謎解きサスペンスでハラハラして面白いと思いました。ストーリー自体楽しんでもらえる話になっていると思います。僕はもちろん頑張りますが、カツラ業者さん、メイクさん、スタイリストさんにもかなりの負担がかかると思いますので頑張って下さい(笑)」と冗談交じりにコメント。

濱谷晃一プロデューサーは、「クリエイターズ・ファイルの秋山さんが大好きで、容疑者が全員秋山さんだったら面白いな...とただその一点で企画しました。企画書の表紙だけ編成に見せたら、まさかの『やろう!』という返事が...テレビ東京っておかしな会社だと思いました。

企画はぶっ飛んでいますが、内容は本格ミステリーを目指しています。監督も敬愛する筧昌也監督なので、とてもかっこいい映像になるのではないかと思います。そんな本格ミステリーの容疑者をすべて秋山さんが熱演してたらと思うと...そのギャップに今からワクワクしています。

秋山さん以外の共演者陣もとても豪華です。ひとえに秋山さんの魅力のおかげです。盟友の根本ノンジさんご指導のもと、勢い余って脚本のベースも自分で書いてみました。ここまで自由なドラマはこれで最後だと思いますので、ぜひご覧下さい!」とアピール。

■ 「黒い十人の秋山」イントロダクション

世界的オペラ歌手のディナーショーを目当てに、離島のホテルを訪れた刑事の桐島さなえと、部下の取手。ところが台風の影響でホテルに来るはずの客船が足止めになってしまい、ディナーショーは延期に。

しかも落雷による停電が...それから数分後、客の本庄一朗の秘書が本庄の部屋の様子がおかしいと訴える。従業員とともに部屋に入ると、なんと本庄は殺されていた!

犯人はどうやら窓から逃げたらしいが、停電の間に宿泊棟に出入りした可能性があるのは宿泊客の10人に限られる。

オペラ歌手、被害者の美人秘書、外国人画家、建設会社社長、美容整形外科医、サーファー、プロゴルファー、ファッションモデル、猫を飼う男、トータル・ファッション・アドバイザー(全て秋山竜次)。

この一癖も二癖もあるキャラクターの容疑者たちを取り調べていくと、意外な事実が浮かび上がる...二転三転する展開、果たして真犯人は一体誰だ!?

https://news.walkerplus.com/article/127439/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス