最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「トットちゃん!」近藤真彦が昭和の名優、故・森繁久彌役を熱演!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テレビ朝日系ほかで放送中の“帯ドラマ劇場”「トットちゃん!」(毎週月~金昼0:30-0:50ほか)で、近藤真彦が昭和を代表する名優、故・森繁久彌役で出演することが分かった。

同ドラマは、40年以上の長きにわたって「徹子の部屋」(毎週月曜~金曜昼0:00-0:30、テレビ朝日系)の司会を務め、常にエンターテインメント界の第一線で活躍を続けてきた黒柳徹子とその家族の激動の昭和史を描く。

黒柳がNHKの専属女優だった頃から親交があり、「徹子の部屋」の第一回目(1976年)のゲストでもあった森繁は、文化勲章や紫綬褒章、国民栄誉賞などを受賞するも、2009年に惜しくもこの世を去った。

近藤もまた、黒柳とは「ザ・ベストテン」(1978~1989年TBS系)時代から親交が深く、「仕事で会うより、プライベートでお会いすることの方が多く、しょっちゅう“リアル徹子の部屋”をやっている感じです(笑)」と仲の良さをうかがわせた。

黒柳本人も近藤の出演を望んでいたものの、キャスティングについては制作側に一任しており、近藤が森繁役に決定したことを報告した際は「『エッ!』と驚いていらっしゃいましたが、そのあと『もうあなたに任せたわ』というお言葉をいただきました」とエールを送られたことを告白。

「おやじのヒゲ13」(1992年TBS系)などで森繁と共演経験がある近藤は、「さまざまな映画作品を拝見し、もちろん『徹子の部屋』第一回目の映像は数えきれないぐらい繰り返して見ました」と明かす。

さらに、「本当に魅力的な方。森繁さんの自然体が、見る人を感動させてきたのではないでしょうか。僕も最初は森繁さんのものまねをした方がよいのか、近藤真彦が演じる森繁久彌がよいのかいろいろ悩みましたが、その中間でうまく演じられた気がします」とアピールした。

近藤が演じる森繁が登場するのは、11月24日(金)放送の第40話から。「知床旅情」をしっぽりと色っぽく歌い上げ、「きちんと森繁久彌として歌うことができたと思います」と語る近藤の歌声にも注目だ。

――以下、近藤真彦、服部宣之プロデューサーのコメント全文

■ 近藤真彦 コメント全文

――故・森繁久彌さんの印象は?

僕がお会いしたときはもう70~80代でいらしたので、“ワガママなおじいちゃん”という印象でした。とにかく1シーンを撮り終えるとティータイムが始まって、“お姉さん”たちが入って来てケーキを食べ、また1シーン終わるとティータイム、という繰り返しでした。

この作品でも、ドラマ撮影中の森繁さんがせりふを書いた紙を小道具に貼らせてもらうシーンがあったのですが、森繁さん、本当にあれをやられていました(笑)。…今、天国から森繁さんがこれを聞いていないとよいのですが…(笑)。

――森繁さんを演じるにあたって大切にしたことは?

さまざまな映画作品やDVDを拝見し、もちろん「徹子の部屋」第一回目の映像は数えきれないぐらい繰り返して見ました。知的で上品でいわゆる色気もあって、本当に魅力的!

でも、一番感じたのは“自然体”ということですね。お芝居をしていても自然体で、決して“作っていない”んです。その自然体が、見る人を感動させるのではないでしょうか。

今の若い世代に「森繁さんの映画を観てみたら」と言いたくなるぐらい、ユニークな作品が多かったですね。僕も最初は森繁さんのものまねをした方がよいのか、近藤真彦が演じる森繁久彌がよいのかいろいろ悩みましたが、その中間でうまく演じられた気がします。

――森繁さんとして「徹子の部屋」に出演された気持ちは?

普段、徹子さんの前だとそうはいかないのですが、ちょっと大きな態度で振る舞うことができましたね(笑)。つかの間でしたが、森繁さんの気分を味わうことができてうれしかったです。

「知床旅情」を歌うシーンも最初は悩みましたが、近藤真彦というよりも、きちんと森繁久彌として歌うことができたと思います。

――森繁さん役を演じることについて、黒柳さんの反応は?

徹子さんとは仕事で会うよりプライベートで会うことの方が多く、僕はしょっちゅう“リアル徹子の部屋”をやっている感じなので(笑)、改めて報告…、という雰囲気でもなく、しばらく出演のことは内緒にしていたんです。

あるとき、「実は僕、森繁さん役で『トットちゃん!』に出るんですよ」と言ったら、「エッ!」と驚いていらっしゃいました。でもそのあと、「もうあなたに任せたわ!」というお言葉をいただきました。

――「トットちゃん!」のみどころは?

黒柳さんがなぜあのような女性になったか、明確に伝わってくるドラマです。黒柳さんの人の良さ、そして“天然”なところは、ご覧になっていると元気が出るのでは…! 日本中にエネルギーをもたらすような作品に仕上がっていると思います。

■ 服部宣之プロデューサー コメント

――森繁久彌役の起用にあたって

40年以上続く「徹子の部屋」の第一回ゲストであり、徹子さんがNHK専属女優時代からの友人である森繁久彌さんは、今回のドラマで最も大切なキャストの1人です。

国民的俳優としての貫録と、それでいて偉ぶらないいたずら少年のようなちゃめっ気を持っている方、そして半世紀以上にわたる徹子さんとの信頼関係、そんなことをうまく表現できる方がいるのだろうかと考えていた時に、近藤真彦さんのお顔が浮かびました。

“スターの貫録”と“男が男に憧れるようなちゃめっ気”をお持ちで、何十年にもわたり徹子さんとの信頼関係がある。この3つの要素を近藤さん以上に満たす方がお見えになるのか…と。

ですが、もちろん簡単にオファーできるような方でもなく、私にとっては清水の舞台から飛び降りる覚悟でのお願いでした。

オファーを快諾いただけたときは本当にうれしく、私たちの知らない徹子さんの側面も勉強させていただきました。

収録現場でも、本当に気さくな方で、若手のキャストやスタッフにもお気遣いをいただきましたが、スタジオの扉から近藤さんが入られてきたときに、思わずみんなが振り返ってしまうオーラは、やはりスターの風格だなと改めて実感しました。

https://news.walkerplus.com/article/127319/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス