最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

子どもの予防接種、受けないとどうなるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
子供 予防接種
子どもは生まれながらに免疫をもって生まれてきます。しかし、その免疫はずっと続くわけではありません。そのため、生後2か月から定期的に予防接種を受ける必要があるのです。

しかし、予防接種は任意接種も含めればかなりの数があり、スケジュールを組むのもひと苦労。生後2か月から小学生まで、何かしらの予防接種を受ける必要があります。特に3歳までは接種するワクチンが多く、気がついたら接種の時期を逃していたなんてこともあるかもしれません。
さらに、家庭によってはあえて予防接種を受けないという選択をする人もいるようです。そこで今回は、予防接種を受けなかった場合どうなるのかをご紹介いたします。

どうして予防接種が必要なの?


予防接種には『定期接種』と『任意接種』があります。

定期接種は国が”一定の年齢になったら、受けるように務めなければいけない”とし、感染力が強く予防の必要性が高いものです。任意接種は希望した場合に有料で受ける予防接種になります。

では、予防接種はなぜ必要なのでしょうか。

まずは子どもの健康への影響です。予防接種を受けなければ、その病気にかかったときに重い後遺症が残ったり、命がおびやかされたりすることがあります。

例えば、おたふくかぜは髄膜炎や難聴を引き起こすことがありますし、麻疹(はしか)は幼い頃にかかると比較的軽く済むこともありますが、肺炎や脳炎など重い合併症が起きることがあります。また、子どもだけでなく家族や集団生活の中で周りに移してしまう危険もあるのです。子どもへの予防接種は、家族や周囲の人の健康を守ることにもつながると言っても過言ではありません。

子どもに予防接種を受けさせないという選択


予防接種は必ず受けなければならないという決まりはありませんが、多くの人が接種をしています。しかし、中には子どもに予防接種を受けさせないという選択をする人もいるのです。では、どういった理由から予防接種を受けないのでしょうか。
  • 予防接種の副作用が気になる
  • 実際に病気にかかった方が免疫ができる
  • ワクチンを打ってもかかることがある
  • 子どもに何度も注射をさせるのはかわいそう
  • 任意接種は費用が高いから受けない
  • 子どもにアレルギーがあり接種できないから

このようにさまざまな理由から予防接種を“受けない”という選択をする人もいるようです。その中でも、やはり副作用を心配する人が多いようですね。

予防接種が未接種だと弊害もある


予防接種は定期接種であっても、接種しなければいけないという義務はありません。とはいえ未接種の場合、いろいろと弊害もあることもあるようです。
  • 幼稚園や保育園、小学校の入学のときに予防接種状況を確認される
  • 周りのお母さんから懸念される
  • 将来、海外留学や旅行をするときに、国によっては入国できない
  • 女性の場合、妊娠時に風疹にかかると危険

入園や入学のときに出す提出資料の中に、今までの予防接種を記入する欄があるはずです。任意の予防接種はともかく、定期接種を受けていない場合は学校側から接種するように言われることもあります。また、海外に行く場合は予防接種を受けていないと入国できないこともあるようです。

子どもの頃に予防接種を受けなかった人の意見


生後2か月頃から行う予防接種は、親の判断で受けるか受けないかを決めなければなりません。では、子どもの頃に予防接種を受けなかった人は、大人になってどのように思っているのでしょうか。
「私は子どもに予防接種を受けさせていますが、子どものころ私が親の意向で受けていませんでした。正直言って、私は受けさせて欲しかったです。学校に母子手帳を持っていかなければいけないことがあったとき、私だけ予防接種の欄が空白で、他の子から「受けさせてもらえなかったの?かわいそう」と言われ、苦痛でした。また、どうして受けさせてくれないの?と親に言っても、納得のいく回答を得られなかったことも、不満に思っていた理由の一つです。」

出典:教えて!goo「お子様に予防接種を受けさせていない方」
「母がものすごくだらしなくて何1つ接種してくれていません。今だと虐待ですよね。自然にかかったのは「水疱瘡」と「はしか」で後はかかっていません。そのはしかが大人になってかかり、まさか予防接種をされてないとわからず。隔離されて1ヶ月入院してしまいました。合併症にもなり大変なことになりました。母子手帳は出産と1ヶ月検診までで後は綺麗なままです・・・。息子が受ける時に自費でおたふくと3種混合は受けましたが、ものすごく母を恨んでいます。」

出典:発言小町「三種混合を受けていなかった」

このように子どもの頃に予防接種を受けなかったことで、親に不信感を抱いている人もいるようです。

予防接種は子どもが接種するかどうかの選択ができないため、親がしっかりと検討しなければなりません。子どもの将来のためにも家族できちんと話し合って接種をするかしないかを決めてくださいね。予防接種に心配する副作用もあるかもしれませんが、ワクチンで防げる病気があることを忘れないでください。

参照/ユニ・チャーム‐ママの初めてレッスン:育児編「予防接種の基礎知識」

記事提供:mamaPRESS

外部リンク(ならいごとキッズ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス