最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

殺人ピエロ映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』が思い起こさせる『学校の怪談』の感覚 EMILYのゆるふわ映画談vol.12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは、男女J-pop・フォークデュオHONEBONEのVo.担当高円寺系ハーフのEMILYです!

すっかり寒くなってきましたね~。11月は新しい映画がたくさんやっていますね! そんな中、今回は以前からとっても気になっていたこの作品、私とは縁の深い作品、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』を観てきました。

【あらすじ】
とある田舎町で児童が相次いで行方不明になる事件が起きた。主人公ビルは、病気しがちな青年。そんなビルの弟ジョージーが大雨の日に忽然と姿を消した。そして、自分を責めるビルの前に“それ”は現れた。目撃して以来、変幻自在に現れる“それ”の恐怖に、ビルは仲間たちと共に立ち向かう決心をするが……。
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

この作品の原作は、かの有名なスティーブン・キングの人気ホラー小説。1990年(わあ、私が生まれた年や!)に、一度テレビ映画になっている。それを、『MAMA』で注目を浴びたアンディ・ムスキエティ監督が、再び映画化した作品なのだ。

私は1990年版の、トミー・リー・ウォーレス監督が撮ったほうの『IT』をだいぶ昔に観たことがある。正直、ホラー映画ファンとしては「こわくない!」「緊張感がない!」というのが当時の感想だった。私が月に一度開催しているトークライブでも、「見てはいけないホラー映画編」という回で、「ホラー映画なのにあまり怖くない!」という議題で取り上げたくらい強烈な印象があった(ある意味でね)。

だから、そんな作品が「2017年リメイクされて帰ってくる!」と聞いて、「オイオイ大丈夫か~?」と思ったのが正直なところなんだよね。しかし! 観てみると、こりゃすごい……現代の映画をなめてはいけないと思い知らされた。この物語はさ、ホラーとは言ってるけど、限りなく青春映画なんだよね。それは原作ですでに感じていたし、どことなく『スタンド・バイ・ミー』感が漂っている作品なのよ。そこに、殺人ピエロ“ペニー・ワイズ”が登場することで、スリルやワクワク感を表現した作品だったわけ。けど、当時の技術では限界があったのか、私の感覚がマヒしているのか「恐怖」感がいまいち伝わらなかった印象があった。原作は上下巻とあるしね。
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

だから、今回はこの映画を観るときに、原作が伝えたがっている「青春」に目を向けようと思って、いつもホラー映画を見る時の気持ちとは若干違う構えで行ったのよ。だけど、いざ映画が始まると完全に引き込まれちゃってね。もう、さすがアンディ・ムスキエティ監督、完全に緊張感の虜。お化け屋敷の中に突然一人で残されたような感覚が上映中ずっと漂う。一瞬の気のゆるみも許されない中、物語はリズミカルに進んでいく。(結構あっという間!)原作と違って殺人ピエロのペニー・ワイズがかなり怖いし、劇中の音楽がこれまた意地悪なくらいびっくりさせてくる(笑)。あと、音でもかなりびっくりさせてくるしね!
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

隣に座っていた女性はびっくりシーンのたびに「ビクッ!!!」ってひきつってたよ。「ここで出てくるんでしょ?」なんて分かっていても本気でびっくりする。なんていうんだろう、アトラクションのような映画だった。そして、同時に1995年公開の映画『学校の怪談』を思い出した。少年たちが一致団結して恐怖に立ち向かっていく話だったんだけど、当時子供だった私も登場人物にかなり感情移入してのめり込んでみていたのを覚えている。今回の作品も、気がつくと少年たちの中に自分もいるみたいな感覚だった。
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

まとめるなら、久々の正統派ホラーでかなりびっくり系、だけどほろりと泣けるハートフルな一石二鳥な作品。私的に評価は高め! カップルで観たらなんだかいろんな効果が働いて観終わった後のデートが盛り上がりそう(笑)。
ぜひ、劇場でご覧あれ!


『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』は公開中。
HONEBONEリリース情報 4thアルバム 『静かにしろ』


2017年11月15日(水)発売 品番:LDCH - 0006 / JAN : 4562181647079 価格:2,200円+税 フォーマット:CD レーベル:LINDA RECORDS 流通:BM.3 【収録曲】 01冷たい人間 02静かにしろ 03なあ、ちょいと 04スマイル 05モンキー 06酔いどれ数え唄 07おごってくれよ 08悪魔
【HONEBONE】 アメリカ人ハーフEMILY、Kawaguchiの男女フォークデュオ。実体験を元にした飾らない歌詞、「綾小路きみまろ」「ギター漫談」とも評されるEMILYのMC、Kawaguchiの顔面パフォーマンスは必見。MV出演やCM、new balance、TOYOTA、BOSEのWeb広告等モデル業をこなし、テレビ東京『THE カラオケ★バトル』に出演。テリー伊藤らにキャラクターと歌声を絶賛される。EMILYのinstagramフォロワーは1.5万人を超え、Insta LIVEで『青山テルマ』と共演、アメーバブログは『西野かな』を超えJ-POPチャートデイリー1位を獲得。青山テルマ編集のフリーペーパー『DREAM PAPER VOL.13』のモデル、J-WAVE『FRUIT MARKET』テーマソング・ジングル担当、ZIP FM 『PEEPS』、Inter FM/FM802『Beautiful Harmony』DJ:Dream/E-girls Ami』ゲスト出演など活動の場を広げている。
HONEBONE OFFICIAL SITE:http://www.honebone.net/ HONEBONE EMILY official blog by Ameba:http://ameblo.jp/honebonehonebone/ HONEBONE EMILYのゆるふわ映画談:https://spice.eplus.jp/featured/0000108097/articles Instagram@emily_HONEBONE Twitter:@HONEBONE_OFFI@emy_HONE @kawariver_HONE

HONEBONEツアー&ライブ情報
『静かにしろ』リリースワンマンツアー
2018年1月21日(日)名古屋SUNSET BLUE 開場16:30 開演17:30
2018年1月26日(金)大阪南堀江KNAV 開場19:00 開演20:00
2018年1月28日(日)渋谷TAKE OFF7 開場17:00 開演18:00 チケット3,000円+ドリンク別途(前売特典ステッカープレゼント※当日入場時渡し)

11月18日(土)~ 24日(金)プレオーダー受付
12月2日(土)~一般販売

Dear my friends 2017年11月26日(日) 南堀江knave 銀幕一楼とTIMECAFE/HONEBONE~冬の年忘れ2マンライブ~ 2017年12月8日(金) 渋谷スターラウンジ

作品情報 映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』 (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

(2017年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/135分)
原題:IT
監督・脚本:アンディ・ムスキエティ
出演:ジェイデン・リーバハー、ビル・スカルスガルド、フィン・ウルフハード、ソフィア・リリスほか 配給:ワーナー・ブラザース映画
【ストーリー】
“それ”は、ある日突然現れる。一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。“それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの標的にされている子どもたちも“それ”に遭遇していた。自分の部屋、地下室、バスルーム、学校、図書館、そして町の中……何かに恐怖を感じる度に“それ”は、どこへでも姿を現す。ビルとその秘密を共有することになった仲間たちは“それ”に立ち向かうことを決意するのだが。

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/itthemovie/
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

外部リンク(SPICE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス