最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

瑛太、井浦新との相思相愛ぶりを爆発!「瑛太くんは愛してやまない人」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 俳優の瑛太が9日、都内で行われた映画『光』プレミア試写会に井浦新、長谷川京子、橋本マナミ、大森立嗣監督と共に登壇。瑛太は、井浦とは初共演となったが「俳優の前にモデルをやっていたのですが、そのころからカリスマ的な方で尊敬していたので、現場に入ってからは『現場中にイスに座るのかな?』とか、ずっと観察をしていました」と井浦愛を爆発させていた。

【関連】映画『光』プレミア試写会舞台挨拶フォトギャラリー

対する井浦は、「瑛太くんは愛してやまない人。大森監督には『瑛太くんとは、内側から削りあってぶつかり合えるような作品をやらせていただきたい』と直訴していたので、この映画が決まって台本をいただいたときにはワクワクして、毎日現場に行くのが楽しみでした」とこちらも瑛太への熱い思いがある様子。

本作は、三浦しをんの同名小説を、同じく三浦原作の『まほろ駅前』シリーズを手掛けた大森立嗣監督で映画化。東京の離島・美浜島で壮絶な体験をした幼なじみ3人が、25年後に再会したことにより、沸きあがる愛情と憎悪に揺れる姿を描いた人間物語だ。

瑛太と井浦の思いがぶつかりあったシーンの緊張感はすごかったようで、大森監督は「公園で瑛太くんと新くんが対峙するシーンでは『顔が近いよ』っていうぐらい近かったよね」と振り返ると、井浦は「そのことを監督に言われたのですが、僕は気づいていなかったんです。(瑛太が演じた)輔という役を超えて瑛太くんをみている自分がいました。好きすぎなんでしょうね。でもボーイズラブではないですけれどね」とジョークを交えながら本作への熱量を語っていた。

できあがった作品をみたとき、瑛太は「冒頭、0秒、1秒から飲み込まれて息ができなかったぐらい。この映画は何なんだ、大森監督はすごいものを作ってしまったな」と明かす。井浦も「感じたままを芝居にした。こういう経験は普通の作品ではできません。間違いなく過去にも、これからも出会うことがない作品。自分にとって宝物です」と感無量な表情。

そんな俳優たちの思いに、大森監督も「10年ぐらい映画監督をやっていますが、硬直している自分の頭を壊したいと思って取り組んだ作品。いまはわかりやすい映画が多いのですが、分かり合えないものの方が大事なのかなと…僕にとっては特別な作品になりました」と心情を吐露していた。

映画『光』は、11月25日より公開。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス