最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

映画愛をむさぼる悪徳プロデューサーは実在する!? 地方ロケの内情を映画化した『エキストランド』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映画やテレビドラマの地方ロケに、今や欠かせないのがフィルムコミッション(FC)。ロケ地に選ばれれば撮影クルーが長期間滞在することで地元経済が潤い、映画やドラマがヒットすれば地域のPRになり、町おこし&村おこしにも繋がる。ロケ場所の斡旋からエキストラの募集まで無償で対応するFCは、ゼロ年代に入ってから全国各地で続々と誕生した。だが、そんな地元を愛し、映画製作を応援してくれる人々の善意をしゃぶり尽くそうとする悪徳プロデューサーがいるらしい……。11月11日(土)より劇場公開が始まる吉沢悠主演映画『エキストランド』は、各地のロケ現場で実際に起きているトラブルの数々を盛り込んだコメディタッチの問題提起作となっている。

本作の主人公は、映画プロデューサーの駒田(吉沢悠)。前作が大コケしてしまい、プロデューサー生命が危うい状況だった。仕事がまるでない駒田は、芸能プロダクションの社長(仁科貴)が税金対策のために製作する映画『フリーター、ひとりで家を建てる』のプロデューサーを引き受けることに。「脚本は一字一句も変えちゃダメ」という無茶な注文だったが、どう転がしても面白くならないこの脚本を無事に映画化できれば、次回作は人気俳優を主演に据えた大作を撮らせてあげると言い含められる。えのき市がFC業務を始めたばかりなことに着目した駒田は、えのき市役所のFC担当・内川(前野朋哉)やボランティアで参加した地元の人々をいいようにコキ使った非道極まりないロケ撮影を始める。すべては、映画プロデューサーとしての駒田の実績づくりのためだった──。

本作を企画し、『東京ウィンドオーケストラ』(17)などで知られる新鋭・坂下雄一郎監督と共同で脚本を書いたのは田中雄之プロデューサー。全国13カ所のFCをリサーチして回ったという田中プロデューサーに、地方ロケで起きているトラブルの実例や本作に登場するような悪徳プロデューサーは実在するのかどうか訊いてみた。

──田中プロデューサーの前作『らくごえいが』(13)も、映画製作の裏側を描いたバックステージものでした。FCを題材にした『エキストランド』は、どのような経緯から生まれた企画だったんでしょうか?

田中 プロデューサーである僕が、映画製作を題材にした映画が好きなんです。岩井俊二さんがプロデュースした『虹の女神 Rainbow Song』(06)が大好きな映画のひとつなんですが、これも映画製作の話です。園子温監督の『地獄でなぜ悪い』(13)や古いところでは『雨に唄えば』(52)も好きです。映画の製作現場ってすごく人間的なところだし、決していいことばかりでもない。描き方によってはコメディにもホラーにもなると思うんです。FCを題材にしたのは、僕自身の実体験から。以前、短編映画をプロデュースした際に「わたらせフィルムコミッション」のお世話になったんですが、ロケ場所のコーディネイトから細かいことまでいろいろと支援してもらい、すごく助かった。逆に四国でロケした際は、たまたま同時期に他の作品の撮影と重なっていたため、地元FCの協力なしで撮影したんですが、とても大変でした。FCなしでの地方ロケは難しい。それもあって、FCの方たちに興味が湧き、各地のFCを訪ねてお話を聞いて回ったんです。取材をもとに最初は僕が企画や脚本を開発していましたが、映画業界以外の人たちにも楽しめるようなエンタメ作品として仕上げるため、脚本開発から坂下監督に参加してもらったのが『エキストランド』なんです。

■映画の現場で起きるトラブルのあれこれ

──劇中で描かれている映画製作にまつわるトラブルは、実際に起きていること?

田中 映画的に誇張はしていますが、ほぼ起きていることだと思います。映画をめぐるトラブルのいちばんの原因は、外側から見た映画業界の華やかさと、そのイメージとは裏腹な貧しい製作内情とのギャップから生じていると思うんです。国内の映画の製作本数は年々増えていますが、一部のヒットしたメジャー系と赤字続きのインディペンデント系との格差がますます進んでいる状況。でも、映画業界の内情にあまり詳しくない人は「映画はすごい」という印象を持ち、映画のロケ地になれば、日本国中で話題になると思い込んでしまう。映画って、今もある種の魔力を持っているんだと思いますね。吉沢悠さん演じる駒田プロデューサーは、そんなギャップに付け込んでやりたい放題やってしまうわけです。

──プロデューサーの駒田は、ずっと新作が撮れずにいる石井監督(戸次重幸)を起用し、製作費100万円で映画を撮らせようとする。ピンク映画は一本の製作費が300万円だと聞きますが、一本100万円は安すぎませんか。

田中 100万円は、あまりにも安いですよね(笑)。1,000万円くらいだとインディペンデント映画としてリアルな数字かもしれません。坂下監督の「映画業界じゃない人が観ても、ちゃんと安すぎるとわかる数字にしたほうがいい」という意見もあって、映画の設定は100万円にしました。実際の『エキストランド』は製作費1,000万円以上ですが、インディペンデント映画で製作費1,000万円を回収するのは大変です。チケット代1,000円として、1万人を動員しても興行収入は1,000万円。それを劇場と映画とで分けます。映画館に毎日100人を呼び込み、それが100日間続いても赤字になるわけです。ほとんどのインディペンデント映画は製作費を回収できていないんじゃないかと思います。今回の『エキストランド』は、自分たちがやりたい映画をつくるために出資者は募らずに、完全なインディペンデント作品として製作しています。本当にしんどかった。

──悪徳プロデューサーの駒田は「脚本の善し悪しは一般人にはわからないだろう」と高を括って、ロケ先で無茶振りをする。これはありうる?

田中 FCには3要件というのがあり、その中のひとつで、撮影の規模や内容で優遇や拒否することは禁止されているんです。予算規模が小さいとか、学生映画だからという理由では断れないことになっています。県や市の職員がFC業務をやっていることも多いので、ロケ地のマイナスイメージになる内容だと受けてくれないこともあると思うんですが、脚本が面白いかどうかということは判断材料にはならない。それにFCに申請する際、まだ脚本が完成しておらず、企画書段階で申し込むことが多いと思います。だから企画書にいいことばっかり並べれば、通ってしまう可能性があるでしょうし、脚本がほとんど人目に触れないまま、撮影が始まることもあるようです。でも、だからといって、相手を騙すようなことはしちゃダメですよね。映画製作者とFCは信頼関係で映画をつくっていくわけですから。

──劇中ではエキストラをめぐるトラブルも次々と起きる。エキストラ100人集めるのは、低予算映画では容易なことではない。

田中 人口の小さな町では大人数を集めるのは難しいと思います。映画の撮影現場はスケジュールが押して食事休憩が2~3時間遅れるのはよくあることですが、エキストラとして参加した人でも自分たちがぞんざいに扱われているかどうかはスタッフの対応からすぐわかると思います。スケジュールが押している場合は、きちんと状況を説明するとか、そういうことがあるかないかでわかりますよね。浜松のFCで聞いた話ですが、園子温監督の『新宿スワン』(15)の歌舞伎町シーンは浜松でロケ撮影されたんですが、ロケ日が地元のお祭りと重なって、「沢尻エリカや山田孝之が来ている」と野次馬が集まって危険な状態になり、撮影が一時中断したそうです。ニュースにもなっていました。このとき撮影のために集まっていたエキストラたちがTwitterで「撮影中止」という情報を拡散し、騒ぎが収まってから再び集まって、撮影を再開したそうです。スタッフとエキストラとの信頼関係を感じさせる、いいエピソードだなと思いました。『エキストランド』では「信州上田フィルムコミッション」に協力してもらい、たくさんの上田市の方たちにエキストラとして参加してもらいました。こういう作品を撮っている中で、劇中のようなトラブルが起きてはシャレにならないので、作品内容を事前に丁寧に説明することは心掛けました。例えば、田んぼの中で泥だらけになるシーンで「汚れが目立つ衣装のほうがいいですよね」と、わざわざ白いシャツで来てくれたエキストラの方もいらっしゃいました。エキストラのみなさんに撮影を楽しんで帰ってもらえて、うれしかったですね。

■宿泊費&飲食代を支払わない撮影クルーがいる!?

──地方ロケで起きやすいトラブルは何でしょうか?

田中 撮影に使ったロケ現場を撮影前の状態に戻さずに散らかしたまま次の現場へ移動してしまう、器物を破損してしまうといったケースはよく聞きます。謝れば済むものではないんですが、「映画なら何をやってもいい」という態度だと必ず問題を起こします。映画撮影は暴力的行為だということを認識していないとダメだなと思います。FCの方もベテランになると「この作品の撮影は深夜まで掛かりそうだな」と予測できる場合は、住宅街から離れた場所を紹介するなど、うまく対処しているようです。FCからいちばんよく聞くのは、やはり金銭トラブル。信じられないことに、ロケ先の宿泊費や飲食代を支払わないまま、ばっくれる撮影クルーがいるそうです。支払うにしても、支払うタイミングでトラブルになることもあるようです。撮影側の都合で、翌々月払いとか、遅いときは映画の公開まで払われないとか。ホテル側からしてみれば、その場で支払ってほしいでしょうから、そのへんのコミュニケーションがとれてないトラブルがあるみたいです。仮にスタッフ30人が一泊5,000円のホテルに泊まったとしたら、1週間で100万円越えてしまう。小さなホテルだと、支払いのタイミングはかなり重大な問題ですよね。

──ずばり、悪徳プロデューサーは実在する?

田中 映画で描かれた駒田というプロデューサーは各地で聞いてきたよくないエピソードの集合体なので、実際にはあんな人物はいないはずです。ただし、自分のキャリアづくりしか考えずに、トラブルばかり起こすあくどいプロデューサーは存在するかもしれません。ジャパン・フィルムコミッションでは年に一度集まって、トラブルにどう対処していくのかスキルアップ研修を開いているそうです。問題が起きていなければ、わざわざ研修をやる必要もないはずですよね。僕個人はプロデューサーの駒田って、『スター・ウォーズ』シリーズの悪役ダース・ベイダーみたいな存在だと思っているんです。最初は面白い映画をつくろうと頑張っていたけど、映画製作に行き詰まってダークサイドに堕ちてしまう。駒田プロデューサーは、ダースベイダーみたいな存在なんです。それもあって、爽やかなイメージのある吉沢悠さんに、この役をお願いしました。駒田は決して根っからの悪人ではないし、僕自身も含めて映画製作に関わっている人間はいつダークサイドに堕ちてしまうか分からない。だから、この作品は自分への戒めでもあると思っています。こんな悪徳プロデューサーは、駒田が最後のひとりであってほしいですね。
(取材・文=長野辰次)

『エキストランド』
監督/坂下雄一郎 プロデューサー/田中雄之
脚本/坂下雄一郎、田中雄之
出演/吉沢悠、戸次重幸、前野朋哉、金田哲、後藤ユウミ、嶺豪一、中村無何有、宇賀那健一、鷲尾英彰、長野こうへい、仁科貴、棚橋ナッツ、古川一博、芹澤興人
配給/コトプロダクション 11月11日(土)より渋谷ユーロスペース、上田映劇ほか全国順次公開
(c)Koto Production Inc.
http://extrand.jp

●田中雄之(たなか・たけし)
1982年東京都生まれ。慶應大学を卒業後、博報堂に入社。映画を中心にコンテンツ×企業のタイアッププロモーションを多数手掛ける。博報堂を退社後、2011年より東京芸術大学大学院映像研究科に進学し、落語を題材にしたオムニバス映画『らくごえいが』(13)を企画プロデュース。卒業後に「コトプロダクション」を設立。監督&プロデュースした短編映画『FIVE PERCENT MAN』は現在各地の映画祭に出品中。その他のプロデュース作に清水崇監督の『雨女』(16)、エグゼクティブプロデュース作としてサンダンス映画祭ショートフィルム部門大賞を受賞した『そうして私たちはプールに金魚を、』(16)などがある。宮崎大学地域資源創成学部の講師も務めている。

外部リンク(日刊サイゾー)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス