最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

今すぐやめるべき!恋を遠ざけるNG習慣3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ちょっと恋愛がうまくいかないとき、幸せカップルを見て毒を吐いていませんか? あなたを幸せな恋愛から遠ざける呪いの言葉についてお話しします。
ちょっぴり恋愛にごぶさたしている人が、うっかり習慣になっていそうな、よくある「NG行動」についてお伝えします。

1.「リア充」を見かけると愚痴る

NGポイント:「嫉妬」は「恋愛不要宣言」と同じ

私の娘たちも、彼氏がいないときに「リア充は◯◯!」などとカップルをけなすセリフを言うことがあります。「あなたは彼氏いらないの?」というと「そうじゃない」というので、「だったら、そんな言い方はやめた方がいいよ」と伝えます。

正論は嫌われるものですが、残念ながら「良薬は口に苦し」とも言えます。本当に要らないと思っているわけじゃないなら絶対に禁句。「嫉妬」はネガティブな「否定」のエネルギー。恋愛を否定していることになります。つまり「恋愛なんて要らない」と宣言しているようなものなのです。

強がらずに「羨ましい」を素直にそのまま認めましょう。「恋愛」は努力して手に入るものではありません。「勝気さ」は不要です。「いいなぁ」と認めてしまえば、気持ちがす~っと楽になりますし、その心のゆとりが「出会い」を引き寄せることにも繋がります。

2. 眉間にシワ。心のなかで舌打ち

NGポイント:心のなかの醜さは恋を遠ざける

コンビニの店員の態度が気に入らない。
・電車で座った隣の知らない男性の匂いが気に入らない。
・会社に行けば上司の言葉が気に入らない。


その度に、眉間にシワを寄せたり、心のなかで舌打ちしたりしていませんか? 私も若いころ、他人のアラが気になる人間でした。それでも、若さとオープンマインドと色気があれば、そこそこモテるとは思います。でも、そんなときに寄ってくる相手は、やはりどこか心が荒んでいたり打算的だったり。既婚者なども多いかもしれません。

どれだけ美人でも、表面上は笑顔で愛想よく過ごしていても、きっと、見えない世界にはお見通しなのでしょう。「チェッ」と音に出すよりは、周囲に不快感を与えていないだけ、ちょっぴりマシなのですが、目に見えない「恋愛」と、その「運」を引き寄せたいのなら、やはり人の目には見えない部分で「どう生きているか」「どう考えているか」を大切にすることです。

何よりも、「イライラ」という思いで心がいっぱいいっぱいになっている人物と仲よくなりたいと思えるでしょうか? やっぱり「やさしい男性」と仲よくなりたいでしょう? それなら自分も「やさしい気持ち」を持つことが大切です。

むしろ、誰も見ていない場所で、良い行いができるかどうかが、「運」を味方につけるには大切です。

3.「どうせ私なんて」といじける

NGポイント:「自己否定」は自分を傷つける行為

傲慢な女性は避けられるでしょうけれど、自分を卑下してばかりのネガティブ女子も、やはり面倒なもの。自己否定は、自分自身を傷つける行為です。これも「恋愛」に限らず「人との交流」という運を遠ざけます。「人間」を大切にできていないという意味では同じなのです。

自分を甘やかすのではなく、自分にやさしく語りかけ、自分の心身を大切にすることから始めてみましょう。自分を「大切な人」だと思って、やさしくしてあげるのもいいでしょう。

「ありのままの自分」を認めるのが難しいなら、自分を認められるように、少しずつ付加価値を身につけていけばいいのです。

例えば「料理」は、女子力のように思われがちですが、ただの習い事のひとつではありません。料理は「相手の健康を気づかい、心を満たす」ことができる技術です。ただし、マクロビオティックやベジタリアンなど「こだわり」が強くなり過ぎて相手に押しつけるのはまた違います。相手の希望を聞き、譲歩するしなやかさも忘れずに。

今すぐやめるべき恋を遠ざけるNG習慣は以上です。「嫉妬」「批判」「否定」といったネガティブなエネルギーは、思っている以上に相手に届きます。

物理的な距離は関係なく、不思議と相手に伝わってしまうのです。「いっそ聞こえてもいい」という人もいるかもしれません。でも、それは「人を傷つける」という行為です。

人を傷つける行為は、その人の輝きを下げます。若さや外見的美しさがあれば、その他大勢にモテることもありますが「運命の相手」や「深い愛情のつながり」を遠ざけるでしょう。「どうせ私なんか」と自分を傷つけている場合も同じであることをお忘れなく。
(文:藤嶋 ひじり)

外部リンク(All About)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス