最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

篠原涼子『民衆の敵』フジ月9史上ワースト一直線!? 高橋一生出ずっぱり作戦も不発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 篠原涼子が主演するフジテレビの月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』が、いよいよ厳しい状況に追い込まれてきた。11月6日に放送された第3話の視聴率が、7.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)止まりだったのだ。

初回9.1%、第2話7.0%で、前週より、0.5ポイントアップしたとはいえ、フジテレビの看板ドラマ枠で7%台は厳しい数字だろう。第3話までの平均は7.9%で、このままいけば、月9史上ワースト視聴率となった、1月期『突然ですが、明日結婚します』(西内まりや主演)の平均6.7%をも下回る可能性が出てきたといえそうだ。

『民衆の敵』は、息子を持つ主婦・佐藤智子(篠原)が主人公で、市議選に出馬し、次点で繰り上げ当選。ママ友たちのサポートなどを受けながら、市会議員として悪戦苦闘していくストーリー。

第3話では、低視聴率を受けて脚本が一新されたのか、“今旬俳優”高橋一生が出ずっぱり。その割を食う形で、市議役の前田敦子、千葉雄大、古田新太、トレンディエンジェル・斎藤司ら主要キャストの出演シーンは、ほとんどなしという異常事態となっていた。不評だった高橋演じる市議・藤堂誠の裸シーンはなくなったものの、依然、彼とデリヘル嬢・莉子(今田美桜)との絡みは継続。そもそも、この演出が何のためにあるのか、疑問を抱いている視聴者は少なくないだろう。

同話のストーリーは、警察に入った「不審な男が少女を連れ歩いている」という通報をきっかけに、今井一馬(渋谷謙人)なる人物が、貧困家庭の少女・小川かのん(白鳥玉季)を誘拐したとして逮捕される。しかし、一馬の元隣人である冨子(梅沢昌代)は冤罪を主張し、あおば市に陳情。智子は、新聞記者のママ友・平田和美(石田ゆり子)にこの事件を調べてもらい、冤罪だと自信を深め、藤堂とともに解決に導くという展開だった。ほとんど市政ドラマというより、刑事ドラマもどきで、とんちんかんな印象は拭えない。

「視聴率を上げるためとはいえ、高橋の出演シーンが多すぎ。そのため、“視聴率要員”といえる千葉や前田の出番すらほとんどなくなっています。やはり、ドラマは主役も脇役も光ってこそのものなのではないでしょうか。序盤で、7%台連発では先行きが思いやられますし、すでに多数の視聴者が脱落したと思われます。第3話までの視聴率推移が、『明日結婚します』の8.5%→6.9%→7.6%に酷似していますし、正直ここから2ケタ台に乗せるといった巻き返しは極めて難しいのではないでしょうか」(テレビ誌記者)

月9史上ワースト視聴率2位は、昨年10月期のHey!Say!JUMP・山田涼介主演『カインとアベル』で平均8.2%。3話までの暫定視聴率とはいえ、『民衆の敵』は早くもその下をいっている。このまま不評が続くようなら月9史上最低記録を塗り替えかねない。
(田中七男)

外部リンク(サイゾーウーマン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス