最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

12月に閉園するスペースワールド 『最後の別れ』を告げるCMに涙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1990年に開園して以来、多くの人に親しまれてきた福岡県北九州市の『スペースワールド』。

その名の通り『宇宙』をテーマにした遊園地で、絶叫マシンやアイススケート、ウォーターアトラクションなどが人気です。

多くの人が訪れ、楽しい思い出を作ってきたスペースワールドですが、2017年12月31日、長い歴史に幕を下ろすことになりました。

スペースワールドCMの『最後にもう一度会いましょう篇』が泣ける

園内のベンチに座り、周囲の人たちを優しい目で見つめているおばあさん。

その時、1人の青年の姿が目に入ります。おばあさんに近寄ってきた青年が口にした言葉は…。

「最後に…乗ってもいいですか?」


映っているのは、開業当時から愛され続けてきた『ブギウギスペースコースター』。長い歴史の中で多くの人を乗せ、笑顔にしてくれたことでしょう。

「27年間、ありがとうございました」というセリフは、スペースワールドの来園者たちが胸に抱いた気持ちではないでしょうか。

一方、テレビCM版は

ネットで拡散され、多くの人が涙した『最後にもう一度会いましょう篇』のCM。

しかし、テレビ版CMは一転して…。


なんと、本来30秒CMのはずが、間違えて15秒の広告枠を買ってしまったそうです。

尺が足りないせいで、おばあさんがただベンチに座って時を過ごすだけの映像になってしまいました。これでは感動のストーリーが台無しです…。

また、こちらの新しいCM『昨年はすみませんでした篇』では、『普通のスケートリンク』を紹介しています。


スペースワールドのスケートリンクといえば、2016年にスケートリンクの下に5000匹の魚を氷漬けした『氷の水族館』が記憶に新しいところ。

そのせいで昨年はネットで炎上したため、今年は反省の気持ちを込めて『普通のスケートリンク』になったようです。

別れ際に感動させるだけではなく、笑いと自虐も忘れないスペースワールド。さすがとしかいいようがありません。

現在スペースワールドは、『スペースワールド・ザ・ファイナル』と称して、思い出を振り返るイベントを行っています。

きっと、最後の日までたくさんの人に笑顔を届けてくれることでしょう!


[文・構成/grape編集部]

外部リンク(grape)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス