最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

舞台上で、こっそりタッパーにオシッコ! バラエティに引っ張りだこの高嶋政宏が明かした“奇人伝説”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 普段は素を見せない役者がバラエティに出演すると、思いもよらない個性が爆発し、想定外の化学反応を起こすことがある。

田辺誠一の天然、唐沢寿明の饒舌、山田孝之の狂気については、もはやお馴染みだろう。

加えて、最近は高嶋政宏がバラエティから引っ張りだこだ。

■舞台上、美輪明宏の横でバレないようにオシッコしたと告白

11月5日放送『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)に、高嶋政宏が出演した。今回、改めて掘り起こされた高嶋の素性は、やはり強烈だった

まず、彼は日課として「トイレ1日30回」を挙げている。というのも、高嶋は1日に6~8リットルの水を飲むらしい。この情報を受け、司会の堀尾正明が「新陳代謝が良くなるってことですね?」と質問すると、高嶋は「今、チンチン代謝って言いました?」と真顔で聞き返すから、どうしようもない。

それにしても、そんなにも大量の水を飲み、そんなにもしょっちゅうトイレへ行くだなんて、生活に支障をきたしていないのだろうか?

「ここだけの話ですけど、一幕がすごく長い舞台があって、美輪(明宏)さんが芝居してる横で、テーブルの下にタッパーを出して(小便を)やって。袖じゃなく、舞台上で。美輪さんは知らないですね。あれ、なかなか出ないもんだね。お客さんいるでしょ?」(高嶋)

すごいエピソードである。

■受験会場で、ガムの盗み食いをはたらく

ゲストの知られざる生い立ちや、今までの人生を振り返るのが、この番組の恒例。振り返ると、どうやら高嶋は幼少期から凄かったらしい。昭和のスター・高島忠夫と寿美花代の愛情を受けて育った彼は、慶應義塾幼稚舎を受験している。

「何度も何度も、慶應の教授といろいろ食事会をやってましたよ」(高嶋)

しかし彼、満を持して挑んだお受験に不合格してしまっている。高嶋が臨んだのは、用意された小部屋に入り、そこにある物を筆記用具を使わずに記憶、戻ってきたら、それらを書き出すというテストである。

「入ったら、部屋にガムがあったんですよ。『食べたいなあ、1枚くらいいいかなぁ』と思って、それを食べて。バレないように自分ではしてたんですけど、その時、妙に試験官の目が鋭かったんです」(高嶋)

なんと、高嶋の不合格の原因は「ガムの盗み食い」だった……。

「それ以来、『なんか、あの人と相性悪いな』と思ってプロフィールを見ると、だいたい慶應を出てるんですよ」(高嶋)

すごい言い草だが、不思議と笑ってしまう。好意的に捉えれば、愛すべき人物像に感じなくもない。育ちの良さゆえだろうか?

■テレビカメラにいい匂いを嗅がせようとする高嶋

今回、番組は高嶋の1日に密着している。ペットボトル(2リットル)の水をラッパ飲みしながら現れた高嶋は、ロケ隊に向かって「僕、密着が好きなんですよ! 一挙手一投足を撮ってる人がいるっていうのが、たまらないですね」と、不思議な嗜好を告白する。

そして、楽屋に入るや「オロロロロッ!」と物凄い音を立てて、うがいし始める高嶋。

「食道から胃の近くまで入れる気合いでうがいしないと、奥の汚れが取れないんですよ」(高嶋)

なるほど、高嶋のこだわりを垣間見ることができた。そして、再び水をゴクゴク飲み始める高嶋。

続いて、ロケ隊はカバンの中身をチェック。すると判明したのは、高嶋が“トリュフ塩”を常時携帯しているということである。

トリュフの香りが濃厚なこのお塩は、どんなものにかけても相性抜群とのこと。局で出される弁当の白飯にも卵焼きにも、何にでも“トリュフ塩”をかけてしまう高嶋。すかさずご飯を口にし、「急に弁当の白飯がフレンチになった!」と喜ぶ無邪気さは愛らしい。さらに、カメラに向けて“トリュフ塩”を扇ぎ、なんとか匂いを伝えようとする甲斐甲斐しさと言ったら。

かと思えば、何の脈略もなく唐突にハーモニカを吹き始める高嶋。急展開だ。

高嶋政宏によるバラエティ進出は、きっと今後も続いていくはずである。彼の“奇人伝説”は、まだまだ底が見えない。
(文=寺西ジャジューカ)

外部リンク(日刊サイゾー)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス