最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

安室奈美恵、中森明菜、松田聖子の紅白歌合戦「目玉争奪戦」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(C)まいじつ

今年の『第68回NHK紅白歌合戦』の目玉は誰になるのかを、女性週刊誌やスポーツ紙が中心となって予想合戦を繰り広げている。最も多く挙がっている名前は安室奈美恵で、“確定”だと報じるメディアもあれば、“落選”だと報じられてもいる。

「安室は昨年、NHKのリオデジャネイロ五輪中継のテーマ曲に『Hero』が使用されていましたが、紅白には出場していません。NHKが熱心にオファーしたのですが、安室は自分の主張を押し通そうとしたために破談になったのです。紅白の持ち時間はひと組あたり2~3分なのですが、安室はフルコーラスで歌うことを希望して10分を要求したのです」(NHK関係者)

今年の安室の出場に関しては、もはや発表を待つしかない状況だという。しかし、安室以上の目玉としてNHKは中森明菜と交渉しているという。中森は2014年の紅白歌合戦にニューヨークから中継でゲスト出演した。

「おととしの紅白で明菜は、番組後半の“企画ゲスト”として出演しました。そのときの視聴率は42.9%で、明菜の出演直前の長渕剛が同42.8%、直後の『AKB48』は同42.4%だったことを見ても、視聴率を取れることは確かです」(同・関係者)

もしも松田と中森が一緒に登場したら…


中森明菜といえば、ライバルの松田聖子の出場可否も話題になる。

「明菜が出たおととしの紅白で、聖子は大トリを務めました。そのときの視聴率は全出演者中で1位の47.5%です」(紅白歌合戦関係者)

“歌姫”と呼ばれる中森は、決して紅白歌合戦の出場に対して否定的ではない。これまでにもゲストを含め、8回出演している。最近は体調もいいらしく。昨年末に引き続いて今年の年末もディナーショーを開催する予定だ。

「明菜は紅白出場にするならば、聖子よりも先の出番は嫌だというプライドがあります。『出るときは必ず紅組のトリ』ということを親しい記者に語っていそうです。これが最大の難点になっています」(同・関係者)

一方で、松田も中森に対してライバル心をむき出しにしている。

「明菜がトリなら、今度は聖子が降りるという話になるでしょう。例えば、ふたりがトリでデュエットを歌うことになったら、とんでもないことになるはずです。視聴率が60%以上になるといっても大げさではないでしょう」(音楽ライター)

まもなく出場者の発表があるはずだが、はたしてどうなるだろうか。


外部リンク(まいじつ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス