最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

天海祐希、かつて宝塚音楽学校の規則を変えたという『神伝説』を持っていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

11月7日放送の「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系)に、ゲストとして天海祐希が登場。MCであるフットボールアワーの後藤輝基に「映画やったら序盤に死ぬやつばかり」と例えられたガヤ芸人達が天海祐希のネットにも載っていない神伝説を紹介した。

「天海祐希ですっ!」とピスタチオの真似も


中学の頃から天海の大ファンで、退団パレードに行ったという相席スタートの山崎ケイは、天海との共演に感激し、マジ泣き状態で天海伝説を報告。

また、お笑いコンビ・ピスタチオが天海の楽屋に挨拶にいった際、天海は「天海祐希ですっ!」とピスタチオのように白目を剥きながら挨拶したのだという。これを天海は認め「(好きな番組で)拝見した方だと嬉しくなっちゃう。やりたくなるんです」と苦笑していた。

さらに、かつて同じ宝塚に所属し、天海の17期後輩にあたるという女性お笑い芸人・彩羽真矢は「宝塚の規則を変えたという神伝説がある」と述べ、「髪の毛がハネないよう、ヘアピン(予科ピン)を何十本もつけて固める規則があったんですけど、そのピンを廃止したのが天海さんだったとお聞きしました」と語った。

これに対し天海は「私が直接ではなく、同期の話し合いで決めたことじゃないかな」と話し、伝説が本当だったことを認める。天海はさらに「1期下の後輩をどう指導していくかを何日間もかけて話し合いましたね。これはやらなくていいんじゃないか、などを指導要綱としてまとめて、ヘアピンの件も外を歩くのが恥ずかしいだろうからやめたほうがいいんじゃないか、ということを盛り込んだ記憶があります」と補足した。それを受けて彩羽は「そのおかげで、私たちは頭髪をスプレーで固めるだけでOKになりました」と感謝の意を示した。

番組の最後では、マツコ・デラックスの物まねをする芸人、北条ふとしから「天海祐希、最高!」と褒められると、本物と交流のある天海からも「本当、よく似てるね」と太鼓判を押され、北条も満足そうな表情を浮かべていた。

(Yomerumoバラエティニュース編集部)


関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス