最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

フェルナンド・アロンソ特集!ヘルメットをかぶると性格が一変する理由とは?【F1速報×F1女子~メキシコGP号~】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年F1第18戦メキシコGPでルイス・ハミルトン(メルセデス)が4度目のドライバーズ・ワールド・チャンピオンを獲得しました!!

新たな歴史が刻まれたメキシコGPを振り返るなら、「F1速報メキシコGP号」が一番! 今号の見どころとあわせてご紹介します。

■FOCUS OF THE GRAND PRIX

スタート直後の接触でチャンピオン争いをしていたハミルトンとセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が、最後尾まで順位を落とすという波乱の展開となったメキシコGP。「FOCUS OF THE GRAND PRIX」では、レース終了後のチームの様子、そして二人の心情が赤裸々に綴られています。

オープニングラップのターン3でベッテルにヒットされ、フロアにダメージを受けたマシンで苦しみながら周回遅れの9位でチャンピオンを獲得したハミルトンは「カッコイイ決め方じゃなかったけどね」と言いながらレースを振り返ります。

「でも、あれ以外に何ができたと言うんだい?確かにターン1で譲りはしなかったけど、アグレッシブというほどじゃなかった。セバスチャンにはかなりスペースを残したはずなのに、ヒットされた。その後は粘り強く走って、挽回するだけだった」

さらに続けます。

「みんなDRSがあるから、ストレートでは追いつけないし、低速コーナーで一気にギャップを削れるわけでもなかった。今の気分?うれしいのか、悔しいのか、あるいは腹立たしいのか……よく分からないな(笑)」

コンストラクターズ・チャンピオンに続き、ドライバーズ・チャンピオンも獲得したメルセデス。ガレージはさぞやお祭り騒ぎだったのだろうなと思っていたのですが、どうやらそうではなかったようです。

「思い出したくもないレースだったね。あのシーンを観た瞬間は頭に血が上がったよ。『冷静に、落ち着け、状況を把握して策を考えろ』と自分に言い聞かせた。でもまあ、すべては終わった。ルイスが周回遅れになったからって、誰が気にするかね?今日のリザルトはタイトル確定とは関係がないんだよ」(メルセデス エグゼグティブディレクター /トト・ウォルフ)


一方、敗北が確定したフェラーリのガレージは、当然ながら雰囲気が良くなかったそうなのですが、なかでもベッテルのムードは最悪に近かったといいます。

「かなり追い詰められた状況でメキシコ入りしたことは事実だけど、最後の最後まで自分を信じて、何かが起こると期待して戦うしかないだろ?まあ、それ以外にできることがなかった、っていうのがホンネだけどね。今は、すべてが終わったという事実を受け入れなければならない。こういう時はいつもこんな感情になる。もうちょっと何かやっていれば、ってね。でも、もう結果は変わらないんだ」

それでも最後にベッテルは、スポーツマン精神を見せてライバルを讃えています。

「ルイスが今日、世界チャンピオンになった。彼はその称号にふさわしい。いい仕事をしていいシーズンを送ったし、僕より一枚上手だった」

■フェルナンド・アロンソ特集

今号の私的一押しコンテンツは、マクラーレンとの契約更新を発表した「フェルナンド・アロンソ特集」です。

ロングインタビュー、関係者だけが知るパーソナリティ、ドライビングテクニック3大長所からアロンソの「真の姿」にせまります。

気難しそう、口が悪い……と、マイナスなイメージが先行しがちなアロンソですが、チーム関係者は「今後も一緒にレースを戦いたい」と口を揃えるそうです。一体その魅力は何なのでしょうか?

現在ホンダでアロンソの担当パフォーマンスエンジニアを務める、森秀臣氏は以下のように語っています。

「F1ドライバーはよく記憶力が高いと言われていますが、フェルナンドと仕事をしていると、本当にそう感じることがしばしばあります。フリー走行などでピッットインした時に、マシンのフィーリングをフィードバックするのは当たり前のことなのですが、フェルナンドの場合は長いレースが終わった後に、『〇周目のターン△でこんなことがあった』と伝えてきます。それで、あらためてデータをチェックすると、『このことか!』ということが何度もありました」

また、昨年のチームメイト、ジェンソン・バトンとの違いについても話しています。

「現在のパワーユニットはエネルギーマネージメント(エネマネ)が複雑になっているので、あらかじめ設定を決めて自動的に作動する『オート』というモードがあるのですが、フェルナンドはそれは使わず、全部自分で調整しながら走っています。ジェンソンは基本的に『オート』を使っていましたが、彼は何でも乗りこなす器用なところがあって、エネマネを調整することより運転そのものに集中して、0.1秒を削ろうとしていました」


「フェルナンドほど優しい人はいないよ。彼はとても家族思いで、頻繁にオビエドで暮らす両親ら家族と会っている」と話すのは、アロンソといつも一緒にいるマネージャーのルイス・ガルシア・アバド。

しかしガルシアによれば、アロンソは「ひとたびヘルメットをかぶると、性格が一変する」のだそうです。

「コース上でフェルナンドは、勝つことしか考えていない。それは、彼が12歳でスペインのカート王者になった時から変わらない。彼の父親は鉱石採掘会社の発破技士で、決して裕福じゃなかった。母親がスーパーマーケットで働いていたほどだからね。だから、カートを続けていくには、勝ち続けてメーカーからバックアップしてもらうしかなかった。それゆえに、レースで勝てないのに何もしないという状況は、フェルナンドにとって絶対に受け入れられないものなんだ。決して、ホンダが憎いわけじゃない。ただ、彼は勝ちたいだけだ。そのことを誤解してほしくない」


インタビューでは、誰もが気になるマクラーレン残留の理由について明かしました。

「僕の心は、常にここにある。もうひとりの自分が『マクラーレンに残れ』と言っているんだ。それはパワーユニットなどの技術的なことが理由ではなく、マクラーレンが僕にとってリラックスできる場所だという精神的な要素の方が大きい。F1の世界でこんなに温かく、フレンドリーなスタッフが揃っているチームを僕は知らない。そんなマクラーレンのみんなと、これからも一緒に仕事が続けられるなんて素晴らしいね」

そして最後に今シーズン残り2戦をどう戦うか、また来年の抱負についても語ってくれています。

「この3年間は本当に厳しかった。最後に、素晴らしいレースをチームのみんなに披露したい。来季については、とても興奮している。今とは異なる期待を抱いているし、マクラーレンをいるべきポジションに返り咲かせることが僕の目標だ。最終戦を終えたら、すぐにでもオーストラリアへ行きたいくらいだね(笑)」

この特集を読んでアロンソの新たな一面を知る事ができ、今まで以上に応援しよう!という気持ちになりました。アロンソファンだけでなく、F1ファンの方全員にぜひ読んで頂きたいです。

この他にも「2021年規定にまつわる関係者の意見」や「ハミルトンvsベッテル、無線で綴る王座獲得までの戦略」と、読みごたえのある「F1速報メキシコGP号」は書店もしくは三栄書房オンライン通販で発売中です!

(yuri)

【関連リンク】

三栄書房オンライン通販
http://www.sun-a.com/sp/tuhan/

外部リンク(clicccar)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス