最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

戸田恵梨香「役者人生第1章が終わった」転機の作品を語る 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
戸田恵梨香/モデルプレス=11月9日】女優の戸田恵梨香が、8日放送のフジテレビ系「トーキングフルーツ」(毎週水曜日、深夜0時25分~55分)に出演。“役者人生の第1章”が終わったと感じた、転機の作品について語った。

◆戸田恵梨香「SPEC」で感じた達成感



現在では数々の作品で主演を張り、女優として確かな地位を築いた戸田。20歳の頃から出演作を選ぶようになったというが「それまでは純粋で間違ったことに戦う少女役が多くて、本来私が持っているのとはまた違った」と、当時は与えられる役と自分自身とのギャップに対する葛藤があったことを告白した。

そして22歳のときに出会った主演作『SPEC』シリーズで「この作品で戸田恵梨香の女優像を変えられるぞ。自由が手に入るかもしれない。と直感的に感じた」と、これまでにない感覚を経験。「自分のやり方が一つ見つかった」と得るものは大きかったようで、「24歳で最後のシリーズを終えて、私の役者人生の第1章をいま終えたんだなと思ったときがあった」と転機の作品になったことを明かした。

◆戸田恵梨香、30歳目前のいま感じること



MCの古舘伊知郎から現在の自身の立ち位置について聞かれると、「30歳を目前にして人生の岐路に立っているのかもしれないと感じるんですけど、その答えは明確には出せない」と正直な思いを吐露。

続けて、「29歳になった時に『なんて中途半端な数字なんだ。早く30歳になりたい』って思ったんです。先輩を見ているとなんて楽しそうなんだろうと思って。1番感じたのはりょうさん。いつも楽しそうで、子供もいるけど一人の女性として、人間としてのエネルギーを感じる」と、ドラマ『コード・ブルー』などで共演した女優・りょうから受けた刺激を語った。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス