最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

深田恭子、松山ケンイチと“妊活”夫婦に!新ドラマ『隣の家族は青く見える』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
深田恭子と松山ケンイチが、2018年1月スタートの新ドラマ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)で妊活に励む夫婦を演じることがわかった。2人が夫婦役を演じるのは、NHK大河ドラマ『平清盛』(2012年)以来となる。

本作は、脚本家・中谷まゆみ氏によるオリジナル作品。様々な家族が自分たちの意見を出し合いながら作り上げる集合住宅・コーポラティブハウスに住む家族たちの葛藤と成長をハートフルに描くヒューマンドラマだ。一戸建てより安く、マンションよりデザインにこだわりを追求できるという理由で近年、注目されているコーポラティブハウス。しかし、住人同士は否でも応でも密接な関係を築くことになり、各家族の秘密が徐々に暴かれていく。

主演の深田が演じるのは、家の購入を機に妊活を始める35歳の主人公・五十嵐奈々。スキューバダイビングのインストラクターで、活発な性格だ。一方の松山は、中堅玩具メーカーに勤める32歳の夫・五十嵐大器役を演じる。心優しいが、ちょっと頼りない一面もある。

住宅購入のための資金を貯めながら、小さなアパートで2人きりの生活を楽しんでいた奈々たちは、コーポラティブハウスを購入したことをきっかけに、大器の母が心待ちにしていた子作りをスタート。ところが、そう簡単には子供を授からず……。2人は子どもを作ることがどんなに大変なことなのかを痛感しながら、妊活に立ち向かっていく。

コーポラティブハウスに集まるのは、子どもが欲しいカップルの奈々・大器夫婦を筆頭に、子どもは欲しくない女性とバツイチ男性のカップル、子どもと理想の家族像に執着する主婦と会社を辞めてしまった夫のカップル、子どもを持つことを真剣に考える男性同士のカップルなど、現代的な悩みを抱えた家族たち。共同空間を共にすることからプライバシーが保ち辛く、家族構成や互いの問題があけすけになり「隣の芝生は青く見える」といった環境で、奈々と大器はさまざまな騒動に巻き込まれていく。

深田、松山、中野利幸プロデューサーのコメントは以下の通り。

<深田恭子>
家族同士であっても一見しただけでは分からない様々な思いが渦巻いていて、それがどのように絡み合っていくのか、とても楽しみにしています。誰しもが一人の人間であり、一組のカップルであったり、一つの家族であったり、様々な問題を抱えながら、どう生きるかという選択肢を探しているのではないかと思っています。松山さんとは『平清盛』以来の夫婦役となりますが、現代的な悩みを抱えたこの夫婦がどう歩んで生きていくか、新たな夫婦の形を演じていきたいです。大切な人と思いが繋がる為に葛藤している、そんな愛らしい家族や恋人たちを見て、皆さんの隣にいる人たちに目を向けるきっかけになれば。

<松山ケンイチ>
深田さんとは一度大河で夫婦を演じた事があるので、また演じられる事が嬉しいです。(個人的に家族に対して思うことは)仕事にかまけて家族のコミュニケーションを怠ってしまう事が、一番残念な事だと思います。どんなに仕事がうまくいっても、何の為に働いているのかがわかっていなければ本当の幸せには届かないと思っています。自分自身の課題でもあります。(夫婦のリアルな悩みを演じることについては)そもそもリアルでないと意味がない様に思います。ドラマだから物語や人物像が都合よく描かれるという事では、今回の題材を描く意味がないと思うので、スタッフキャスト全員で深めていければと思います。風邪をひかないように頑張ります

<プロデュース・中野利幸(フジテレビ第一制作室)>
実際に多くの自分の友人が妊活をしていることを知り、非常に今日的なテーマだと思い企画しました。コーポラティブハウスを舞台にするのも、知人の新築祝いに行った時に話を聞いてからの発案です。信頼している中谷さんとゼロから創っていますが、実在の方々への取材等を入念に重ねているので、あなたの、そして、あなたの隣の方々の物語と思ってもらえるような作品を目指します。深田さんは透明感があって、今回の役どころにピッタリだと思います。深田さんが演じることを前提に脚本を書いてもらっているので、彼女の魅力を最大限引き出したいです。松山さんは実力のある俳優さんなので、妻を支える役に最適だと思いました。松山さんの演じるチャーミングな夫役が今から楽しみです。隣の芝生は青く見えても“今を生きる”夫婦や家族達が抱えている秘密や悩みが明らかになっていくのが見所です。

外部リンク(テレビドガッチ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス