最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

桐谷美玲、“高飛車”“性格ブス”のヒロイン熱演 「私は真逆で自信もないし、目立ちたくない性格」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映画『リベンジgirl』のクランクアップ会見が9日、都内のブルガリ銀座タワーで行われ、出演者の桐谷美玲、鈴木伸之、清原翔が登壇した。

本作は「東大卒」「元ミスキャンパスグランプリ」だが“性格ブス”のヒロイン宝石美輝が、自分を裏切った元カレに「リベンジ」するため、日本初の女性総理大臣を目指す物語。

「性格以外はパーフェクトなイタイ主人公」と役柄を紹介された桐谷は「先程から何度も“性格ブス”と言われていますが、自分にないものを出しながら一生懸命演じました」と苦笑い。撮影では、美輝のテンションに合わせようと苦労したそうで「監督に『どこまで突き抜けたら良いのでしょうか?』と聞いたら『できるところまでやっちゃって』と言われて。なので私の持っているものの中では最高に性格ブスな感じ、上から目線で発言したり、行動したりするように演じました」と振り返った。

桐谷は「とにかく美輝ちゃんは自信にあふれていて、何でも一番になりたい女の子。その点、私は真逆で自信もないし、目立ちたくないから家に引きこもっていたい性格」と役柄とのギャップを吐露。撮影では、選挙カーに乗って、大衆の前で演説をするシーンもあったそうで「たまたま本当の衆議院選挙と撮影期間がかぶっちゃった。『宝石美輝ってどこから出てる人なの?』と、通りがかった人から声が上がったり、ネット上でちょっと話題になったりして、それは自分でも驚きました」とエピソードも紹介した。

美輝を支えるクールなパートナー・門脇役の鈴木とはこれが初共演。桐谷は「見た目は大人っぽくてお兄さん的な感じですが、お話をするとやっぱり年相応で、かわいらしい部分がある」とにっこり。鈴木も「桐谷さんは凛とまっすぐ立っているイメージが強かったのですが、お話をしたらすごく優しくて気さくな方。2人のシーンはすごく楽しくやらせていただいた」と感謝を述べた。

イベントでは、劇中に登場するブルガリのネックレスを鈴木が桐谷に着けてあげるという演出もあり、桐谷は「後ろからつけてもらうことなんて、なかなか無いので、照れちゃいますね」と赤面していた。

映画は12月23日から全国ロードショー。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス