最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

恋に重要なのは「自分のアピールポイントで出会いの戦場を変えること」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは、恋愛プランナーのTETUYAです。男性と出会う場所は合コン、飲み会、友達の紹介など、様々。とりあえず、全て一通り行ってみるのもいいでしょう。

おそらく、「私は合コンは無理?」とか、自分に合う合わないがでてくるはずです。実は、自分のアピールポイントによって、出会いの戦場を変えることが効率的ですごく大事。今回は、アピールポイント別の出会いの戦場について紹介したいと思います。

■1.クラブ、○○横丁 
クラブや、飲み屋街の○○横丁など行ったことある人は、わかるかもしれませんが、見知らぬ男との距離もかなり近いですし、全員が若干のスパーク状態。

この戦場で向いている人は、ノリに自信がある人や、誰とでもすぐに「イエーイ」という感じで仲良くなれるスーパー社交的な人が向いています。逆に言うと、自分の会話力に自信がなくても大丈夫(笑)。

クラブなんて、音楽ガンガンなんで、話をしても、ほぼ聞こえませんし。横丁なんて、だいたいの男が酔ってるから、ちゃんとした会話が成立しません。あとは、クラブ、横丁に来てる女子は、出会い待ちだという勝手な男の思い込みがあるのも事実です。

■2.カウンターのあるBAR
カウンターのある大人のBARに向いている人は、アピールポイントが、とにかくお酒が好きな人。マジョリティ男子は、お酒が好きな女子は嫌いじゃありません。そういった意味では、BARに来てる女子は、魅力的に見えます。そうそう、大事なことを忘れていました!

もし、カウンターBARに行くとしたら、1人で行ってくださいね。1人で行く方が、ミステリアスで声をかけられやすいです。ホテルのランクにもよりますが、ホテルのBARなどは、レベルの高い男も多いので、ハイスペック志向の女子にはオススメします。

また、知的な女性を演出して、本を読みながら、お酒を飲んでると、「なんの本読んでるんですか?」スペック高め男子から声をかけられるかもです。

■3.ホムパ、BBQ 友達の紹介
次に、ホームパーティーやBBQなどを戦場とするのに向いている人は、家庭的な部分をアピールポイントに持っている人。

とりだって、会話力や、ノリの部分には自信が無くても、料理ができるとか、一緒にいると安心するというような「将来、いい奥さんになるよ」と言われたことがある人は、積極的にこういう場にいくといいですね。

あと、ガツガツした出会いの場が苦手な、自然な雰囲気の中での出会いを求める人にも向いていると思います。

■4.合コン 
最後に合コンです。合コンに向いてる人は、恋愛コミュ力高めな人です。いっても、2時間という限られた時間の中で、相手の好印象をもってもらわなければいけないという、難易度の高い戦場です。

そんためには、時間内に、気遣いや、男性の気持ち良くさせる会話術などがないと厳しい世界です。

■おわりに
恋愛リスクマネージメントの観点からも、時間は貴重です。一度、一通りの出会いの戦場で活動してみて、その中で、自分のアピールポイントとマッチするところを選んで効率的に戦ってみるといいですよ。(TETUYA/ライター)

(ハウコレ編集部)

外部リンク(ハウコレ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス