最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

東大生の正答率0% 『瓤嚢』読めたら1箱10万円の超高級みかん当たる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「瓤嚢」―この言葉をアナタは読めるだろうか。この質問を東京大学の現役学生・卒業生35名にぶつけたところ、なんと正解者はゼロという結果が出た。しかし愛媛県民はわずかではあるが5.7%の人が正解したという。どうやら愛媛に関係ある言葉のようだが、この読み方を当てると、12個で約10万円もする超高級みかんがもらえるキャンペーンが開催中だ。

「センター試験は物理だったので…(現役東大生・法学部)」「習ってません(現役東大生・薬学部)」「これ賞品あげる気ないでしょww(東大卒業生・元経済学部)」と恨みがましい言い訳(?)が寄せられた超難問「瓤嚢」の読み方。ところが愛媛県民では「分からんなんて愛媛県民ちゃうわ」と豪語する人さえ現れた。

この超難問は愛媛県の特産物「みかん」のなかでも「にしうわみかん」の特長をクイズ化したもので、にしうわみかんは「瓤嚢」が薄いことが長所のひとつ。西宇和農業協同組合では、この読み方を当てて「瓤嚢」が薄い超高級にしうわみかんをプレゼントするキャンペーンを開催中だ。正解者から5名に当たる賞品の極上みかんは、なんと12玉で約10万円。60万玉に1玉にしか収穫できない、完全無傷で食味最高の超レアなみかんなのだ。「瓤嚢」もとても薄いに違いない。これを和紙で包み漆塗りの重箱に入れ、さらに桐箱に収めて贈呈する。みかんと言えばいつも身近にある慣れ親しんだ果物だけに、60万玉に1玉レベルの最高級のみかんがどのようなものか想像もつかないが、それだけに「是非とも食べてみたい」という気にさせられる。

みかんの「瓤嚢」は薄い方が好ましいことが分かったが、では「瓤嚢」とは一体何なのか? 長年みかんに携わっているJA西宇和営農指導部の宇都宮浩文さんは「昔から流通業者の間では、にしうわみかんは他の産地に比べ瓤嚢が薄いことで有名です。“口の中でみかんが溶ける”と言われるほどで、食べるときに薄皮を剥ぐ人はまずおらんね」と教えてくれ、生産農家の須賀成人さんは「瓤嚢が薄いのは当たり前やから、作るときに薄さを気にしたことはないです」と話す。なんとなく「瓤嚢」の正体が分かったような気がする。

このクイズに「よし! 挑戦してみよう」という人はキャンペーン挑戦サイト(http://ja-nishiuwa.jp/search/)へ。正しい読み方を見つけて検索することで、初めて応募サイトに辿り着くことができる。前述の宇都宮さんに「“瓤嚢”って漢字で書けますか?」と聞くと、「全く書けません。薔薇より絶対難しい!」と返答し、須賀さんは「漢字があるのを初めて知った!」と驚いていた。みかんの専門家でさえも難しい問題のようだ。

(TechinsightJapan編集部 高沢みはる)


外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス