最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

桐谷美玲、鈴木伸之からブルガリのネックレス“ハグつけ” に「照れちゃいます!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 映画『リベンジgirl』のクランクアップ会見が、9日ブルガリ銀座タワーにて行われ、出演する桐谷美玲、鈴木伸之、清原翔が臨んだ。会見では、桐谷が劇中でつけていたネックレスを鈴木が後ろからつける“ハグつけ”が行われた。

【関連】『リベンジgirl』クランクアップ会見フォトギャラリー

ブルガリのネックレス「パーフェクト ミステイク」が会見に登場し、鈴木から桐谷に「ハグつけ(=後ろからつける)」することに。桐谷は、「後ろからつけてもらうことなんてなかなかないので、照れちゃいますね!」と鈴木に話すと、鈴木も「緊張しました。このカメラの台数と、この人の多さの中でつけることはないので…」とは言いながらも、報道陣に向かって笑みを見せた。

『リベンジgirl』は桐谷による2年ぶりの主演映画。ミス東大の称号を持ち、才色兼備で性格以外はパーフェクトな女・宝石美輝(桐谷)が、フラれた元彼の斎藤裕雅(清原)を見返すために、女性初の総理大臣を目指す型破りな物語。そんな美輝を、政治秘書の門脇俊也(鈴木)が支え、いつしか恋に落ちていく。

桐谷が演じた美輝はとにかく「性格ブス」。自身とは真逆とも言える役について、桐谷は「とにかく自分に自信があふれていて、何でも自分が一番で目立ちたい子。私は自信もないし目立ちたくないので、家に引きこもっていたい性格です。私の持っている中で、最高に性格ブスな上から目線で、発言したり行動したりするように心がけました」と新境地を開いた様子。

鈴木は本作にて“初体験”をしたと言い、「雨のシーンの撮影が最終日にあったんですけど、台風が来ていたので、雨降らしの必要がないと。豪雨の中で、皆で濡れながら撮影したのがすごく思い出深かった。人生初めての雨降らしで、『こんな寒いんだ!』と実感しました」と話した。そんなシーンもあったからか、「リベンジしたいことはあるか」と記者から質問が飛ぶと、鈴木は「撮影中に風邪を引いたので、撮り直したい、リベンジしたいです(笑)。やり直せるなら幼稚園から人生をリベンジしたい(笑)!」と報道陣を笑わせていた。

映画『リベンジgirl』は、12月23日より全国公開。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス