最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

深田恭子&松山ケンイチ、「平清盛」以来の夫婦役

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年1月スタートのフジテレビ系木曜劇場が「隣の家族は青く見える」に決定。深田恭子が主演を務めることが明らかとなった。

コーポラティブハウスに住む家族たちの葛藤と成長をハートフルに描くヒューマンドラマで、深田は、家の購入を機に“妊活”を始める女性・五十嵐奈々を演じる。

深田の夫・五十嵐大器(だいき)は松山ケンイチが演じる。大器は、中堅玩具メーカーに勤めるサラリーマンで、心優しいがちょっと頼りない夫という役どころだ。

小さなアパートで住宅購入のための資金をためながら二人きりの生活を楽しんでいたが、“コーポラティブハウス”を購入したことをきっかけに、大器の母が心待ちにしていた子づくりをスタート。

ところが、そう簡単には子供を授からず…。子供をつくることがどんなに大変なことなのかを痛感しつつも、妊活に立ち向かっていく姿を描く。

“コーポラティブハウス”とは、さまざまな家族が自分たちの意見を出し合いながら作り上げる集合住宅で、一戸建てより安く、マンションよりデザインにこだわりを追求できるという理由で近年、注目されているという。

主演に決まった深田は「オリジナルストーリーである本作の台本を読ませていただいて、家族同士であっても一見しただけでは分からないさまざまな思いが渦巻いていて、それがどのように絡み合っていくのか、私自身とても楽しみにしています」とコメント。

「松山ケンイチさんとは、大河ドラマ『平清盛』(2012年NHK総合ほか)以来の夫婦役となりますが、現代的な悩みを抱えたこの夫婦がどう歩んで生きていくか、新たな夫婦の形を演じていきたいです。大切な人と思いがつながるために葛藤している、そんな愛らしい家族や恋人たちを見て、皆さんの隣にいる人たちに目を向けるきっかけになればと思います」と意気込みを語っている。

一方、夫となる松山は「深田さんとは一度大河で夫婦を演じたことがあるので、また夫婦を演じられることがうれしいです。(個人的に家族に対して思うことは)仕事にかまけて家族のコミュニケーションを怠ってしまうことが一番残念なことだと思います。

どんなに仕事がうまくいっても、何のために働いているのかが分かっていなければ本当の幸せには届かないと思っています。自分自身の課題でもあります」と自身の思いを明かす。

「ドラマだから物語や人物像が都合よく描かれるということでは今回の題材を描く意味がないと思うのでスタッフキャスト全員で深めていければと思います。風邪をひかないように頑張ります」と独特の表現でアピールした。

https://news.walkerplus.com/article/127364/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス