最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

3カ月で3DCGデザイナーを目指す集中講座 “無料”だけど“やる気”が必要!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゲームやアニメが好きなら、3DCGデザイナーを目指してみない? クリーク・アンド・リバー社は、ゲームや遊技機業界への就職や3DCGデザイナーを目指す20代を対象に、Autodesk社の3Dアニメ制作ソフトウェア「Maya」の基本スキルの習得と各業界への就職を目的とした無料の「Maya3D講座」をスタートさせた。

3Dアニメ制作ソフトウエア「Maya」は現在、ゲームや遊技機、映像など、さまざまな業界の多くの企業で導入されており、アニメーションからモーショングラフィックス、バーチャルリアリティー、キャラクターなどを作成することができるツール。3DCGデザイナーとして就職するためには、必須のスキルといえる。

今回、開講した「Maya3D講座」は、3カ月間で「Maya」の基本スキルを磨いて、3DCGデザイナーとしてゲームおよび遊技機業界への就職を目指す短期集中の無料プログラムだ。全くの未経験者も含め、これまで受講した人の8割がゲーム、遊技機業界への就職を決定しており、この世界で働く近道となりそうだ。

ただ、3カ月という短期間で、就職できるまでのスキルを身につけるためにはそれなりの覚悟が求められる。まずは週に一度開かれている説明会に参加し、簡単な筆記試験と面接を受ける必要があるという。無料とはいえ、やる気は必要ということなのだろう。詳細・申し込みはWEBサイトを参照のこと。

「Maya3D講座」

■日時


平日 10:00~17:00/週5日

■場所


クリーク・アンド・リバー社 麹町制作ルーム

住所:東京都千代田区一番町8 住友不動産一番町ビル3F

■期間


受講開始から約3カ月

■内容

・Mayaによる3DCG制作スキルの獲得と、ポートフォリオ制作

・社会人マナーや業界知識

■費用

無料(交通費は全額自己負担)


外部リンク(OVO)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス