最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ベン・アフレック、ハーヴェイ・ワインスタインが絡む映画の追加報酬を全額寄付

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 海外ドラマ『One Tree Hill』の女優ヒラリー・バートンに過去のセクハラ行為を非難された俳優ベン・アフレックが、セクハラスキャンダルの渦中にあるハーヴェイ・ワインスタイン絡みの映画で発生する再放送料などの追加報酬を全額寄付することを発表した。

【関連】あの作品も!H・ワインスタインが製作に携わった映画30選<フォト集>

ワインスタインのセクハラ行為を批判した後、自身も批判される憂き目を見たベン。Peopleによると、米ワシントンDCのローカル局Fox 5のインタビューで、友人のケヴィン・スミス監督がワインスタイン製作の作品で得た追加報酬をチャリティに寄付すると述べた件について尋ねられると、「ケヴィンの意向に触発されて、僕もそうすることにしたんだ」とコメントしたという。

ベンは「今後、ミラマックスやワインスタインが絡む映画で発生した追加報酬は、F.I.(Film Independent)や、RAINNに寄付するつもりだ」と続けた。F.I.はインディーズ映画のフィルムメーカーを支援する非営利団体で、RAINNは性的暴行の被害者を支援し、性犯罪の撲滅などに力を入れる女性の団体。

ワインスタインは弟のボブ・ワインスタインと共に映画会社ミラマックスを1979年に設立。インディーズ映画などを多数配給し、ベンがマット・デイモンらと出演した1997年の『チェイシング・エイミー』や『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』、2000年の『偶然の恋人』などを配給した。ワインスタイン兄弟は2005年に同社を去り、ザ・ワインスタイン・カンパニーを設立している。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス