最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

田野倉雄太「テレビで見ていた印象そのままの方」初共演の八木亜希子に感激!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
現在“帯ドラマ劇場”枠で好評放送中の「トットちゃん!」(毎週月~金曜昼0:30-0:50ほか、テレビ朝日系ほか)に、11月13日(月)からの第7週より登場する俳優・田野倉雄太にロングインタビューを行った。

「トットちゃん!」は、40年以上にわたって「徹子の部屋」(テレビ朝日系)の司会を務め、常にエンターテインメント界の第一線で活躍してきた黒柳徹子と、その家族の激動の昭和史を丁寧に描くドラマ。

田野倉は、松下奈緒扮(ふん)する黒柳朝(ちょう)の叔母・えつ(八木亜希子)に熱烈アプローチをする編集者・木島吉秋という役どころ。

今回、田野倉にドラマの見どころや、共演者の印象、さらには幅広い趣味について聞いた。前後編2回に分けて紹介する。

――PROFILEを拝見しまして、田野倉さんご趣味が多彩ですね。ギター、篠笛、一人旅って…!

いえいえ(笑)。まとまりがないんですよ。好きなものが渋滞していますね(笑)。

――ギターはいつごろからされているんですか?

高校のころから兄の影響でやっています。バンドも少しやったことはありましたが、同年代で音楽をやっている子たちが少なかったんですよ。それもあって、兄弟で一緒にやることが多かったですね。

兄がドラムをたたけるので、ギターをやりたくなったらスタジオに行ってちょっと弾くとか、そういうことはよくありました。

――音楽に慣れ親しんでいる家庭だったんですか?

そんな格好いいものじゃないです(笑)。でも、ずっと音楽は好きでしたよ。

――篠笛というのも珍しいですが、昔からされているんですか?

ギターより、篠笛の方がもっと長いんです。お祭りでは“お囃子”というのがあるんですけど、地元で伝統芸能を継承する保存会に小学1年生から参加してきました。僕の地元はお祭りが盛んなところで、その影響で篠笛をやり始めました。

――今でもやっていらっしゃるんですか?

はい。今でもやっています。毎年1回、9月にお祭りがあるんですけど、近くなると血が騒ぐというか、やりたくなりますね(笑)。ことしももちろん参加しました。ちょうど「トットちゃん!」の撮影をしていた時期でしたが、撮影中も血が騒いで騒いで(笑)。

――ちなみに一人旅というのは、“バックパッカー”のようなことをされていたんですか?

そうですね。一番長くて2013年に2カ月くらい行っていました。

――そのときはお仕事をされていなかったんですか?

それがちょうど仕事を辞めて、これから俳優として頑張っていこうというときだったんですよ。俳優の仕事をする前にちょっと行ってみようと思って。

ヨーロッパをメインでまわろうと思っていたんですけど、最初にタイとカンボジアに行って、その後ドイツ、フランス、オランダ、イタリア、チェコ…と、そこらへんをグルッとまわりました。

――思い出に残っている場所や出来事はありますか?

えっと、良いのと悪いのがありますよ(笑)。どっちがいいでしょうか?

――じゃあ、まず良い方から(笑)。

はい。イタリアでピザを食べたんですけど、こんなの食べたことない!ってくらいおいし過ぎました! 今まで何を食べていたんだろうってくらい全然違うんですよ。

ピザには具材が何も乗っていなくて、チーズだけなんですけど、すごくおいしくて感動しました。生地や焼き方の違いなんだろうなと思うんですけど。あの味は鮮明に覚えています。

――では、悪いことというのは?

えっとですね…携帯電話を盗まれたんです。

――え~!? それはどちらで?

ドイツでハンバーガーを食べていたときです。ドイツって募金を求めてくる人が多いんですけど、英語が喋れない方は、紙に英語を書いて見せてくるんです。食べるとき携帯電話を机に置いていたんですけど、そのときはスパニッシュ系の親子が両サイドから僕を挟むように現れたんです。

募金を求めている感じで話し掛けてきて、「はいはい。分かった分かった」って、机に置いていた携帯電話から少し目を離している隙にやられてしまって、振り返ったら「あっ、ない!」ってなってしまって(笑)。すぐに追い掛けたんですけど、いなくなっていて。すぐ警察に行きました。

――見つかったんですか?

それが見つからなかったんです…。そのとき(旅程が)半分以上来ていたんですけど、各地で撮った写真なども全部なくなっちゃって。それは悲しかったですね。

――危険な目には遭わずにいられましたか?

そうですね。こういうエピソードだったら普通はあると思うんですけど(笑)、意外に安全な旅でした(笑)。

――それは何よりです(笑)。では、「トットちゃん!」について。ご出演の話を聞いてどう思われましたか?

お昼のドラマに出演できるということにビックリしました。大きな反響のあった「やすらぎの郷」の後に放送されるドラマに出演させていただけるというのは本当に光栄なことですから。

頂いた役は恋愛のお相手がいるという設定でしたが、僕は誰かと恋愛模様を展開していく役はこれが初めて。その上、お相手と年の差があるということだったので、不安な部分もありましたが、とても楽しみにしていました。

――キャラクター的には情熱的というか、グイグイいく感じに見えましたが、ご自身は演じる木島のキャラについてはどう思われますか?

本当にそのままで裏表がない人間ですよね。純粋で真っすぐで、“押す”ということ以外知らない男性なので、とにかく好きな相手にぶつかって、ぶつかって、ぶつかって、結果が出るまでぶつかっていくというような役なので、ある意味男らしいですよね。

――田野倉さんご自身もグイグイいくタイプですか?

僕も心づもりはあります。いかなきゃな、って(笑)。ただ、やっぱり行けない部分もあったりするんで、そういう意味では木島を本当に尊敬しています。こんなにグイグイ行けるなんてすごいな、って。

――お相手は大先輩の八木亜希子さんということで、役的にも年上のキャラというか、姉さんキャラだと思うんですけど、年齢差は気にならなかったですか?

それは気にならないですね。上でも下でも、それより中身の部分が大事です。

――お相手を演じる八木さんの印象はどうですか?

僕が言うのもおこがましいですが、裏表がない方というのは、八木さんのような方のことを言うと思います。ずっとテレビで見ていた印象そのままの方です。

優しくていつも笑顔で話をしてくださるので、昔から知っていたような錯覚に陥ると言いますか、安心感を与えてくださいました。初共演なんですが、自然体で接することができました。

――八木さんからは何かアドバイスがありましたか?

「考え過ぎずにそのままやればいいんじゃない?」と、ポンと一声かけてくださって(笑)。それで撮影初日に肩の荷が下りたところは正直ありました。

カットがかかっているときも、僕がちょっと緊張しているのを察して、いろいろコミュニケーションを図ってくださっていただき、すごく助かりました。

【後編へ続く。後編は11月10日(金)昼0時に続く】

https://news.walkerplus.com/article/127235/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス