最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

夫の仕事が早く終わっても、ワンオペ育児がなくならない理由【コソダテフルな毎日 第46話】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。コソダテフルな毎日のちゅいママです。

長男(小3)、次男(年長)、三男(年少)の3兄弟の母です。

前回の記事でいちばん大変だった3兄弟赤ちゃん時代を振り返りましたところで…。

■とにかく夫に早く帰ってきてほしい
あらためて今、私がひとつだけ「どうすれば4人目を生みたいと思えますか?」と聞かれたら、

「夫が毎日早く帰ってきてくれるようになれば、具体的に言うと17時30分に帰ってきてくれるようになれば生みたいと思えるかもしれない」と答えます。

夫に、世のお父さんたちに、もっと早く仕事を終えて家に帰ってきてほしいです!!!

三男が保育園に行っていたころ、次男、三男それぞれ預け先が違ったので迎えにいくだけで時間がかかりました。

夫がお迎えに行けるなどという選択肢はそもそもないので、毎日私が両方お迎えです。

そこからお風呂にいれて、晩ごはんを食べさせて、寝かしつけて、すべてがひとりです。

働いても働かなくても状況は一緒。結局育児、家事は全部私の仕事でした。

だって、夫がそもそも家にいないのですから。



頑張ってくれている夫には申し訳ないけど、いい加減にしてよって思ってる奥さん、いっっっぱいいると思います。

ひとりで頑張ってるお母さん、いっっっっぱいいると思います。

ひとりでやらざるを得ないから鍛えているうちに、ひとりでなんでも出来るようになっちゃって、「夫なんて留守で元気がいちばんいい!」と鋼の女化した奥さん、いっぱいいると思います。

そんなに夜遅くまで働かなくちゃダメ?! 夜遅くまで何をそんなにしないといけないの!?

お願いだからはやく帰ってきてよ。

誰かが帰れないと帰れない雰囲気なんだったらいっそのこと会社の鍵を18時に鍵閉めてほしい!

保育園も必要。待機児童も解決してほしい。幼児教育だってそりゃ無償化できるんならしてほしいですよ。

でも、子育てのパートナーである夫にももっとはやく家に帰って来られるように、今の働き方、なんとかなりませんかね?

お給料は減らさずに、もっと早く家に帰れるようになりません?

男性の働き方改革をもっと推し進めてほしいです。

だけれども、これについて夫から言われたんです。

■夫に言われた衝撃のホンネ

「夕方17時30分に帰れるようになったとしても、家にまっすぐ帰る男がどれだけいるかなぁ?」

衝撃でした。

いやいや、そりゃ帰るでしょうよ!! 家で奥さんと子どもが待ってるんですから。

「頭ではそうするべきだって分かっていても、あえて帰ろうとしない男性だって一定数いるはず。仕事から帰って子どものお風呂入れてご飯食べさせて皿洗って寝かしつけて・・正直しんどいもん。

子ども相手だから思い通りいかないし、家事なんて喜んでしたいものでもないし。なにかしら理由つけて忙しいフリして帰ろうとしない人だっていっぱいいると思うけど。

そ…そんな!!



そんなひどい話ないでしょう!? と思ったのですが、冷静になって考えてみたら…男性のリアルな本音でもあると思います。

仮に私が男だったとしても仕事から帰って子どもと20分ぐらい顔を合わせていちばんかわいい瞬間だけ味わったら、あとはもうすんなり寝てほしいですもん。

早く帰ろうと思えば帰れるのにあえて仕事をしていたい(すでにそうしてる)お父さん。

なぜなら子育てのほうが仕事より大変だからです。


となると働き方改革を進めても効果があるのかどうか怪しくなってきました。

■ママの負担は「夫の働き改革」だけでは解消されない

働き方の改革だけでなく、日本の男性の家事育児に携わる意識を変えていかなければいけないような気がします。

日本はどうしてこうも子育て=お母さんのイメージが強すぎるんでしょうか。お父さんの影が全然ありません。

男性の子育てにたいする意識は子どもを持ってから急に培おうとするものでなく、子どもを持つずっと前から根付かせていかなければ、帰宅時間を早めたところであまり意味がないような気がします。



たーだーし、それがいつになればその意識が浸透するのかを考えると果てしなく気が遠くなります。

いつか根付く時が来るのでしょうか。今はまだ想像がつかなさすぎて…。

いったい日本のお母さんはいつまでひとりで頑張らないといけないのかなと、気が遠くなります。
(ちゅいたんママ)

外部リンク(ウーマンエキサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス