最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

渋谷系からでんぱ組.incまで サブカル好きは暗い過去を持つ人も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

((C)ぱくたそ)

音楽や映画、小説などで、人気の作品でなく「知る人ぞ知る」ものを好む人がいる。古くから「サブカル」と呼ばれた分野は、現在でも根強く残っているのだ。

そこでしらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,348名に「他人の趣味について」の調査を実施。「サブカル好き」を、どのように感じている人が多いのだろうか。

■サブカル好きにはメンヘラが多いとの声も


「サブカルを気取っている人は、あまり好きではない」と答えた人は、43.5%と半数近くもいる。

©sirabee.com

サブカル気質の人にいい印象を持っていない人からは、「こじらせている」との言葉が使われた。

「『自分は他の人とは違う』って感じを出したい感じが見えて、なんか痛々しい」(20代・女性)

「ものすごくこじらせていて、メンヘラが多い印象」(30代・男性)

■渋谷系にハマっていた40代女性


サブカルに手を出す人は、学校では目立たない存在だった人も多い。若い頃にサブカルを気取っていたという、40代女性が当時を振り返る。

「クラスになじめなくて、学校に行くのが嫌だった。でも、みんながビーイング系の音楽を聴く中で、渋谷系音楽を好み、雑誌『オリーブ』を読むことで、選民意識を感じてた。今考えると、恥ずかしいけど」

現在はメインカルチャーも受け入れているという彼女だが、やはり自然にサブカルっぽいものを選ぶところもある。

「今はいい年して、アイドルソングやアニソンをよく聴いている。今はアニメもサブカルにカテゴライズされているから、やっぱり私はサブカルが好きなのかなとも思う」

■サブカル系アイドル「でんぱ組.inc」


アイドルグループのでんぱ組.incはサブカル系アイドルとも呼ばれ、メンバー全員がオタクでなことでも有名。例えば、センターの古川未鈴はいじめに遭った経験もあり、ゲームに居場所を求めたのだ。

先にも話を聞いた40代の女性は、つらい毎日を送りながらもサブカルにハマる人たちに次のようなメッセージを送っている。

「自分が好きなものを見つけて、それが生きる原動力になるのはいいことだと思う。どんなにこじらせていると言われても、好きであり続けて欲しい」

はっきりとしたメインカルチャーがなくなり、趣味も多様になっている。サブカルの定義も曖昧になり、今後、どのような形に進化していくのか注目したいところだ。

・合わせて読みたい→DJ漫画の人気キャラと同じ名前のリア充プロデューサーに注目

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック
【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」

調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20代~60代の男女1,348名 (有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス