最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『Gossip Girl』エド・ウェストウィック、女優に性的暴行か? ロス市警が捜査開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『Gossip Girl』の“チャック・バス”役で知られる俳優のエド・ウェストウィックが絶体絶命のピンチに立たされている。彼に強姦されたという女性の被害届を受け、ロス市警が本格的な捜査に乗り出したもようだ。

俳優エド・ウェストウィック(30)に関し、7日にLAPD(ロス市警)ハリウッド署に提出されたというそのレイプ被害届。米芸能情報サイト『Just Jared』や『Deadline』が伝えたところによれば、被害を訴え出たのはクリスティーナ・コーエン(27)というカリフォルニア州出身の女優で、彫りの深い顔立ちが特徴のブルネット美女である。

事件当日、クリスティーナはオーストラリア出身のケイン・ハーリングさんというプロデューサーとともにハリウッドヒルズにあるエドの自宅を訪れたところ、エドから性的暴行を受けたとしている。しかし、これに我慢がならないエドもSNSを通じて「そんな女は知らない。会ったこともない」と彼女の主張を全面的に否定している。LAPDが現在その事実確認を行っている。

もっとも「彼女の言うことは本当だ」と証言する人物も。2009年より彼女と親交があった元子役のブレイズ・ゴッドビー・リップマンは、「クリスティーナはその翌朝、真っ青な顔をして私の家に飛び込んできました。すべてを話してくれましたがショックは相当大きいようでした」と語っている。被害届がこれほど遅れた理由についても、「クリスティーナはハーリングさんから『エドは金も人脈もすべて手にしている。彼より君を信じる者などいないよ。今は何も言わない方が賢明だ』と諭されたと言っていました」と説明している。

ハーヴェイ・ワインスタインセクハラ騒動をきっかけに、「あの時は泣き寝入りしていたけれどやっぱり糾弾するべき。黙っていてはいけない」と言って立ち上がり、過去の忌まわしい出来事を暴露するようになったハリウッドの女優やモデルたち。「次はオレか」と戦々恐々としている男性陣は意外にも多いのではないだろうか。

(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス